ここから本文です

朝食におすすめ!缶詰で具だくさんな「のっけるだけトースト」

6/20(木) 20:50配信

ESSE-online

梅雨どきは掃除洗濯の手間が増えるので、せめて料理は少しでも手早く済ませたいもの。
缶詰を使った「のっけるだけトースト」なら、忙しい週末にも、梅雨のじっとりした日にも、火も包丁もまな板も使わずに、あっというまにできあがり! 家庭に常備している缶詰でできる、簡単な3つのレシピを紹介します。

おうちにある缶詰でパッとつくれる!絶品のっけるだけトースト

ぜんぶ3ステップ以内でできるから、忙しい日や、つくる気が起きない日にもぴったり! 満足度も高くて、食べると元気が出ますよ。

●甘くてプチプチ!「バターコーン」トースト

【材料とつくり方(1人分)】
(1) コーン缶小1缶(ホール状・85g入り)は缶汁をきる。
(2) 食パン(6枚切り)1枚にマヨネーズ小さじ1を塗って(1)をのせる。オーブントースター(1000W)で4~5分焼き、バター5gをのせる。

●野菜たっぷり!「和風ツナサラダ」トースト

【材料とつくり方(1人分)】
(1) ツナ缶(油漬け)1/2缶(80g入り)は缶汁をきる。ミズナ1/2株は5cm長さに切る。紫タマネギ(またはタマネギ)1/8個は薄切りにする。
(2) 食パン(6枚切り)1枚はトーストし、(1)をざっくりと混ぜてのせる。
(3) マヨネーズ大さじ1/2、しょうゆを少し混ぜ合わせて(2)にかける。

●ボリュームありで満腹に「サバキムチ」トースト

【材料とつくり方(1人分)】
(1) サバ缶(水煮)1/4缶(200g入り)は缶汁をきって粗くほぐす。
(2) 白菜キムチ30gは大きければひと口大に切り、(1)を加えてざっくり混ぜる。
(3) 食パン(6枚切り)1枚に(2)をのせてピザ用チーズ15gを散らし、オーブントースター(1000w)で4~5分焼く。あれば、根元を落としたカイワレ適量をのせてもおいしいです。

そのほかにも、火を使わずにつくれる簡単時短レシピが集まった新刊『電子レンジ、オーブントースター、炊飯器で涼しく調理!火を使わないから暑くない!ほったらかしレシピ(別冊エッセ)』(扶桑社刊)では、さらに多くの暑くても作る気になるレシピが登場! こちらもぜひ参考にしてみて。

<料理/市瀬悦子 取材・文/ESSE編集部>

最終更新:6/20(木) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい