ここから本文です

スバル、6度目の優勝なるか? 「ニュルブルクリンク24時間レース」がまもなく開幕!

6/20(木) 20:01配信

Webモーターマガジン

参戦車両WRX STI NBR CHALLENGEのスペック公開

2019年6月21日のAM3時30分(日本時間)、ニュルブルクリンク24時間レースが開幕する。これを目前に控えた6月20日、スバルが参戦車両であるSUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019の概要を発表した。

【写真】チームメンバーやニュルでのテスト走行シーンをもっと見る

スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)は、2019年6月21日~23日(日本時間)にドイツのニュルブルクリンクサーキットで行われる耐久レース、第47回 ニュルブルクリンク24時間レースに、WRX STIをベースとする車両で参戦する。

2019年で12年目となる挑戦であり、WRX STI NBR CHALLENGE 2019は2L以下のターボエンジン搭載車クラスである「SP3T」に参戦。同クラスでの6度目の優勝を目指す。チーム総監督をSTIの辰己英治が務め、ドライバーはカルロ・ヴァン・ダム(オランダ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)、井口卓人(日本)の布陣となる。

ニュルブルクリンクサーキットは全長25kmと長く、高低差300mというアップダウンの激しい地形、天候も刻々と変化する世界一過酷と言われるコースだ。「速く」そして「意のままに操る」ことが、できるかどうかがカギとなる。そのため水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの基本レイアウトを活かし、2018年モデルから下記の性能を進化させてきた。

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019の主な改良箇所

・フリクション軽減によるエンジン性能の向上
・ローギア化とステップ比の見直し
・軽量クラッチの採用によるパワートレーン性能の向上
・ジオメトリの最適化よる旋回性能の向上
・エアロパーツのアップデート、鮫肌塗装の採用による空力向上

鮫肌塗装とあるが、これは競泳業界で2000年代に話題となったサメ肌の競泳水着と同じ原理を利用したボディ塗装のこと。表面のツルツルするクリア塗装とは異なり、若干ザラザラするマット塗装としたわけだ。ボディ表面を通過する空気の流れをスムーズにする効果が期待されている。

また、SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019のスペックも下記のように公開されている。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 20:01
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事