ここから本文です

「口臭」の悩みと永遠にサヨナラできる10の方法

6/20(木) 22:01配信

ウィメンズヘルス

口臭がきつくなることは、誰にでも起こりえること。お口のお手入れの仕方や食生活に原因があるとは言え、口臭は思った以上に頻繁に発生するよう。

そこでイギリス版ウィメンズヘルスに、3名の歯科医師たちが、専門的視点から口臭の予防策や解決策について伝授してくれた。どれも今すぐ始められることなので、口臭に悩んでいる人は、早速トライしてみよう。

1. 舌のお掃除をする

口の中に潜む、増殖に酸素を必要としない「嫌気性細菌」が、口臭の主な原因の一つであると話すのは、歯科医のマイケル・チャン医師。

嫌気性細菌は新鮮な空気を嫌うので、口の中の深部に常在している。

これに対しチャン医師は、舌みがきを使って、舌に潜む細菌を取り除くように勧めている。代わりに、清潔なスプーンを使ってもいいそう。

2. 水分をしっかり補給する

水分が不足していると、唾液の分泌量が低下する。唾液は口内の健康を守り、息をさわやかに保つ役割を果たしている。

また、基本的な唾液の働きには、食べ物を分解したり、飲み込みやすくしたり、歯を滑らかにすることで、食べ物が歯に付着するのを防ぐ役目もある。

「もし、食べ物が分解されずに口の中でとどまると、細菌は瞬く間に増殖します」とチャン医師。「口内に食べ物が溜まれば溜まるほど、細菌にご馳走を与えているようなものです」

唾液は大切。水分はこまめにしっかりと。

3. アルコールフリーの洗口液を使う

皮肉なことに、今使っている洗口液にアルコールが含まれているのなら、それが口臭の原因になっていることも。アルコールは口の中を乾燥させるので、細菌を繁殖させることにつながると説明するのは、歯科医のデブラ・グラスマン医師。

とは言っても、今すぐ薬局に行って新しいものを買う必要はなく、材料さえあれば自分で作ることも可能だとか。作り方はカンタン。ぬるま湯(カップ1杯)にベーキングソーダ(大さじ1)と、ペパーミントエッセンシャルオイルを数滴混ぜるだけ。「ベーキングソーダは天然の抗菌効果があり、ペパーミントオイルは、息をさわやかにしてくれるので、洗口液が切れてしまったときなんかにもお勧めです」と、グラスマン医師。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 22:01
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事