ここから本文です

再上陸の可能性は? 世界的な巨大メーカー「フォード」が日本を去った本当の理由

6/20(木) 18:03配信

WEB CARTOP

無駄な投資を徹底的に切るための決断

 フォードが日本から撤退した理由は単純だ。日本への投資が、無駄だからだ。無駄とは端的に、投資に対する利益が少ないことを意味する。なにせ、日本でアメ車は超マイナーな存在。米トランプ大統領が「アメリカでは日本車が大量に販売されているのに、日本でアメ車の販売台数は極めて少ない。これは、日本に非関税障壁があるからだ」などと主張することが多い。だが、実態は違う。アメ車という商品が日本市場にマッチしない。ただ、それだけのことだ。

【写真】日本でも販売されたフォード・トーラス

 こうした状況は、いまに始まった話ではない。第二次世界大戦後から1960年代にかけては、進駐軍や富裕層の間でアメ車が使われたが、70年代以降になると、アメ車は日本でマイナーな存在になった。

 そうしたなかで、GM、フォード、クライスラー(当時)はヤナセ、西武自動車、三井物産といった輸入代理店を通じて、日本で販売を続けた後、3社それぞれが日本法人格となった。それでも、ジープなど特徴が強い一部のモデルを除いて、販売台数は伸びなかった。

 フォードは、リンカーンなどの大型車に始まり、トーラスやフォーカスなどの中小型車、またSUVとしてエクスプローラーを投入したが、投資に対する利益の増加は極めて低かった。

 また、自動車産業界全体としてのトレンドを見ると、EV、自動運転、シェアリングなど新たなるビジネス領域への対応が、自動車メーカーとして必須の時代。フォードとしても、世界市場における投資の分担を大きく見直すべき時期になった。そうしたなか、現状での収益性と市場の将来性を鑑みて、日本市場からの撤退を決めた。

稼ぎ頭のピックアップトラックが日本市場に合っていない

 別の角度から、フォードが日本から撤退した理由を考えることもできる。それは、ピックアップトラックFシリーズの存在だ。

 フォードにとっての大黒柱は、F-150を中核とするFシリーズである。フォードの幹部は昔から「ウチは、トラックカンパニーだ」と言ってきた。北米市場でモデル別販売台数ランキングでは、過去30数年間に渡りFシリーズが独占している。とくに90年代中盤からは、ピックアップトラックの乗用車化が加速して、さらにはFシリーズを基盤とした各種SUVのラインアップが進んだ。

 こうしたフォードにとっての稼ぎ頭が、日本市場では通用しないことが、フォード日本撤退を決定付けたといって良い。日本でF-150のようなフルサイズピックアップトラックを愛用する人は、並行輸入車を購入する一部の層はいるが、その数は極めて少ない。だが、仮に日本におけるジープ・ラングラーのような世界観をF-150でも実現できていれば、フォードの日本市場での展開も変わったかもしれない。

 フォードの現状での世界戦略を考えると、フォードが近年中に日本へ再上陸する可能性は限りなくゼロに近いと思う。

最終更新:6/20(木) 18:03
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事