ここから本文です

《金融庁も重大関心》資産50億円トレーダー・KAZMAX氏の手口を元側近が告発 サロン生を食い物に

6/20(木) 20:00配信

文春オンライン

20倍のレバレッジを生む「サロン砲」の威力

 実際に「サロン砲」の威力はどれほどのものなのだろうか。

「このグループにいれば、数カ月で元手の10倍以上、数千万の利益を出すことも可能。たとえば2018年8月18日には、KAZMAXが『5分後にショート打ちます』『ショート多めに』と指示を出したところ、約1万7000円幅も落ちた。100万円の資金の場合、サロン砲の威力を知っているので20倍くらいのレバレッジは平気でかけられる。つまり、2000万円分のビットコインをショートすれば、1トレードで数十万円の利益が出るんです。事実、LINEグループの1人は、『含み益がどんどん増えていって、マウスを持つ手が震えた』と言っていました」(同前)

「サロン砲」の手口 

 KAZMAX氏がサロンに「ロング(買い)」と投稿すると、多くのサロン生が自分の資産をロングにポジションを持つので、一時的に凄まじい勢いでビットコインの価格が上がる。つまり、サロン生が動き出す前に、KAZMAX氏はグループLINEのメンバーと情報を共有し、ひと足早く「ロング」にポジションを持てば、サロン生よりも確実に大きな利益を得ることができる。

 

 さらに悪質なのは、KAZMAX氏自身が含み損を抱えている局面で、「ドテン(逆ポジションに切り替えること)」を利用した“ドテンサロン砲”だ。一度損切りしてから、逆のポジションを持った後に、「損切りしました」とオンラインサロンやTwitterでつぶやく。するとサロン生も真似て損切りをするので、逆張りしているKAZMAX氏が持つポジションの向きに相場が動く。KAZMAX氏は抱えていた損失を軽くできるが、逆にサロン生は損切りによって損失を出すだけ。これも事前にグループLINEで共有されていた。



 サロン砲を操るKAZMAX氏に、LINEグループのメンバーは頭が上がらない。非公開のLINEでは、生々しいやりとりが繰り広げられている。

「KAZMAXが『サロン砲』を打つと、メンバーからは『ありがとうございます!』という声が次々に上がる。完全に主従関係ができあがっているのです」(同前)

4/6ページ

最終更新:6/20(木) 22:42
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事