ここから本文です

2023年に「空のタクシー」実現を目指すウーバー 空と陸で都市の渋滞問題解決に挑む

6/20(木) 7:30配信

Forbes JAPAN

空の崩壊はうまくいくのか?

Chaoが重要な取り組みとしたのが、「定期的なドローンと空のタクシーのオペレーションに不可欠」とする「リモードID」だ。誰が空にいるのかを把握するためのIDで、これに関しては2019年後半に提案を行うと述べた。

このように、ウーバーが目指すのはタクシー(車)にとどまらない、交通システムの改革だ。タクシー業界を崩壊したウーバーだが、空の崩壊はうまくいくのか?

ウーバーの強みは、創業以来構築してきたプラットフォームとデータだ。「63カ国、700以上の都市で展開しており、毎月9300万人がウーバーのプラットフォームを使っている。このプラットフォームを活用し、地上で構築したスケールを空の需要につなげる」とAllison氏。

「ウーバーはマルチモードのライドシェアリング、マルチモードの交通をシンプルにできる。これを世界中の都市で実現する」と約束した。

Forbes JAPAN 編集部

4/4ページ

最終更新:6/20(木) 7:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年10月号

株式会社アトミックスメディア

2019年10月号
8月24日(土)発売

980円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事