ここから本文です

【総体|千葉代表】二強撃破で33年ぶり出場の日体大柏が、市船・流経から学んだものとは何か?

6/20(木) 19:22配信

SOCCER DIGEST Web

酒井監督が「今まで、そんなことはなかった。人が変わった」と選手を評した決勝戦

 後半の終了間際に同点に追いつき、延長戦のラストプレーで逆転――ドラマチックな勝利は、全国トップクラスの二強を連続撃破して全国切符という大きな成果をもたらした。2から1に減った全国最激戦区のインターハイ千葉県代表の座を手に入れたのは、市立船橋でも流経大柏でもなく、日体大柏だった。

【激闘PHOTO】日体大柏 4(1延長0)3 流経大柏|33年ぶりの歓喜を写真で!

 
 決勝戦は、大誤算から起死回生で逆転勝利を呼び込む、劇的な展開だった。準決勝で市立船橋を破った日体大柏は、決勝でも5バックで守備を固めて流経大柏に対抗しようとした。しかし、前半12分で2失点。酒井直樹監督が「失点せずに数少ないチャンスを決め切ることに全力を注いだけど、2点を奪われてプランがかなり崩れた。自陣に引いているのに点を取られて、どうしようと思った」と認めたとおり、最悪のスタートだった。
 
 ところが、前半22分に快足FW耕野祥護(3年)が高速ドリブルで仕掛け、クロスをFW佐藤大斗(3年)が押し込んで1点を返すと、明らかに旗色の悪かったチームがウソのように蘇った。早い時間帯に点を重ねた流経大柏が攻め手を休めようとせず、サイドバックを日体大柏陣まで攻め上がらせたため、その背後を狙ったことが奏功したのだが、ここから見せた大逆襲は、戦術的勝利といったようなものではなかった。
 
 準決勝で苦しみながらもシュート1本で勝った市立船橋戦の経験と、流経大柏からも得点はできたという事実が、選手の執着心と自信を強く引き出していた。普段は体力の持たない選手が最後まで走り、自分以外に関心を示さなかった選手が、仲間を鼓舞する姿を見て、試合後に「今まで、そんなことはなかった。人が変わった」と選手を評したのは、酒井監督だ。以後の試合内容は、互角以上。後半17分には、FKのこぼれ球を佐藤が再び決めて同点。不利を覚悟していた酒井監督も、徐々に相手ペースの雰囲気を破っていく「想定以上の」選手の力を感じていた。
 
 一方、優位と見られた流経大柏は、主将の八木滉史(3年)を負傷で欠いたが、U-17日本代表GK松原颯汰(2年)や同代表候補のMF藤井海和(2年)を擁し、FW渡會武蔵(3年)も中盤や前線で躍動。ベストパフォーマンスではなかったと言いたい部分はあるかもしれないが、決して悪くない出来だった。後半22分に渡會がミドルシュートを決めて3点目を奪ったときは、苦戦はしても最後は勝つ強豪校らしい風格を漂わせた。
 

1/3ページ

最終更新:6/20(木) 19:29
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事