ここから本文です

【女子W杯 採点&寸評】日本0-2イングランド|流れを呼び戻した守護神の好守を活かせず… ピッチへの適応にも問題あり

6/20(木) 21:28配信

SOCCER DIGEST Web

絵に描いたような決定力不足で逸機を続け、ダメ押し点を奪われる

なでしこジャパン 5.5
第2戦でやり切っただけに、この日はスロースタート。ニースで2戦目を戦うイングランドとはピッチ環境への適応面で差があり、先制パンチを浴びる。試合終盤にペースを握ったが、絵に描いたような決定力不足で逸機を続け、ダメ押し点を奪われた。全体的にツキもなく、グループ2位通過が唯一の慰め。
 
FW
20 横山久美 5.5(61分OUT)
立ち上がりからシュートを放ち、自分のリズムを作っていった。惜しいシュートもあり、初戦からの復調は窺えたが、ノーゴールは物足りない。
 
8 岩渕真奈 6
2戦連続、トップで先発。すぐにピッチ状況を汲み取り、浮き球と強いパスを使い分けた。芝の深さもあってドリブルの切れを削がれた。
 
11 小林里歌子 5(62分OUT)
右サイドで先発。忠実な守備はあったが、攻撃面での働きは今一つ。求められていた役割は遂行できなかった。
 
19 遠藤 純 5(85分OUT)
前半は攻守に迷いが見られた。結果、相手に中間ポジションを許し、ピンチを招いた。時間と共に持ち直したのが、小さな驚き。
 
MF
6 杉田妃和 6
低い位置にいる間は、全体が後手に回った。前に出てからは及第点。厳しい寄せができなかったのは、初戦で1枚もらっていた影響も。
 
7 中島依美 5
序盤は中央の前目に出たが、持ち味を出せず。杉田と前後を入れ替えて状況が改善。終盤は右に回り、チームの台所事情には応えた。

岩渕真奈、熊谷紗希、清水梨紗、長谷川唯…お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!

最終ラインは連係面に課題。次戦に向けて修正が必要だ

DF
3 鮫島 彩 5
遠藤との連係がとれず、相手に押し込まれて苦戦。2試合を走り切った後の強敵相手で、しかもカード持ち。ややかわいそうだった。
 
4 熊谷紗希 5.5
圧力に負けず、高いラインを敷いたが、市瀬との呼吸が合わず、2度の失点はほぼ同じパターン。次戦に向けて修正が必要だ。
 
5 市瀬菜々 5
失点時は熊谷とのチャレンジ&カバーに失敗。スコットランド戦とは異なり、ビルドアップの段階でもミスが増えた。
 
22 清水梨紗 5.5
この日も広いエリアでアプローチ。初戦で1枚もらっているだけにハラハラしたが、危険なプレーはなかった。ファウルスローには要注意。
 
GK
18 山下杏也加 6.5
2失点。だが、それ以上の決定機をセーブし、チームに流れを呼び戻した。パフォーマンスに応えるためにも、結果が欲しかった。
 
交代出場
FW
9 菅澤優衣香 5.5(61分IN)
ジョーカーを拝命し、多くの得点機を作り出したが、そこまで。GKにぶつけたシュートより、2度のトラップミスがらしくなかった。
 
MF
17 三浦成美 6(62分IN)
役割を理解した上でピッチへ。中盤に運動量を注入し、攻撃の組み立てでもしっかりと働いた。今後が楽しみ。
 
FW
13 宝田沙織 -(85分IN)
アルゼンチン戦に比べれば、試合に溶け込むまでの時間が短縮された。まだ、プレーの随所で硬さが見られる。
 
監督
高倉麻子 5.5
僅かに残る3位転落のリスク、ノックアウトラウンドへの間隔との板挟みになりながらの采配。相手が地上戦を選択すると読み切って、高さよりも機動力を重視する布陣を採った。試合のペース配分、交代カードも納得の一手だが、結果には結び付けられず。

文●西森 彰(フリーライター)

最終更新:6/21(金) 7:33
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事