ここから本文です

井岡一翔が次に戦うのは誰だ 日本の“視聴率男”復活が与えるSF級世界戦線への影響

6/20(木) 10:22配信

THE ANSWER

井岡王座返り咲きで熱くなるスーパーフライ級世界戦線

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔(Reason大貴)が、19日の同王座決定戦(千葉・幕張メッセ)で日本人初の4階級制覇の快挙を達成。同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)に10回1分46秒TKO勝ちし、リング上で涙した。2年2か月ぶりの国内リングで世界王座に返り咲き、追われる立場に。同級の世界戦線が国内外で過熱していきそうだ。

【画像】試合の数か月前にはこんなシーンも… 金髪姿の井岡と“KOダイナマイト”内山の2ショット

 日本人初の偉業をリングサイドで見守った“挑戦者”たちがいる。一人は世界3階級王者のWBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)。現時点では井岡より1階級下だが、将来的には5階級制覇を目標に掲げている。

「パリクテの有利で進んでいたと思うけど、ワンチャンスをものにしたところがボクサーとしてすごい。7回にパリクテが仕掛けた後は、どちらに転ぶかわからない展開。KOするとは思わなかった。ボクサーとしてすごいです」

 試合後にこう語った田中。井岡の興行は同じTBS系列(田中は名古屋・CBCテレビ)で、日本人対決の実現も難しくはないだろう。田中はフライ級の世界タイトル獲得前、当時同級王者だった木村翔(青木)の防衛戦を生観戦し、対戦をアピールしていた。

 今回、井岡戦に足を運んだのも“思惑”があるはず。多くを語らなかったのは、まずは8月24日、同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)との2度目の防衛戦(愛知・武田テバオーシャンアリーナ)をクリアする必要があるから。勝てば井岡戦の可能性はぐっと高まるだろう。

 元世界3階級王者・八重樫東(大橋)も井岡の王座獲得を見届けた。2人は、2012年6月にWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦で拳を交えたことがある。結果は八重樫の12回判定負け。キャリア終盤にいる36歳の「激闘王」は、念願の世界王座返り咲きの機会を待っている。

 試合後は「元々の井岡君のスタイルで、決める時はしっかり決めていた」と分析。「自分だったら、こう戦うなと思って見ていました。戦いたいですね」。世界戦は、17年5月のIBFライトフライ級王座陥落から遠ざかるなか、井岡のベルトを虎視眈々と狙っている。

 しかし、渦中の井岡が向く先は異なるようだ。試合後の会見では「死に物狂いでこのタイトルを取ったので、このWBOのベルトをチケットにして、海外のチャンピオンと戦いたい」と統一戦を熱望した。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 10:22
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事