ここから本文です

完敗なでしこ、決定力不足以上に大きな問題 永里亜紗乃の目「致命傷になりかねない」

6/20(木) 12:53配信

THE ANSWER

格上イングランドに0-2完敗「我慢強く守れずに失点してしまうのは大きな問題」

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は19日、1次リーグD組最終戦で日本はイングランドに0-2で敗れたが、勝ち点4の同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。前回大会の準優勝メンバーで現地観戦している解説者・永里亜紗乃さんは戦いぶりをどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってもらった。

【画像】なでしこジャパンの練習場にレジェンド澤穂希さんが登場、熊谷紗希、鮫島彩、岩渕真奈らを激励する実際のシーン

 ◇ ◇ ◇

 この試合の結果にかかわらず、日本の決勝トーナメント進出は決まっていました。そのため選手に大きなプレッシャーがかかるシチュエーションではありませんでしたが、あくまでも勝利を目指して戦うという姿勢が随所に見られたのは良かったと思います。そういったメンタル状態でイングランドという格上を相手にどこまでやれるかは、今後への試金石になりうるものでした。

 しかし、前半はフィジカルとスピードに勝るイングランドに主導権を握られ、比較的早い時間帯に失点してしまった。相手に追い込まれるようなパス回しになり、ボールを奪われてからも手数の少ない攻撃でディフェンスラインの背後を突かれました。まだ相手の速さに対応し切れていない時間帯で、リカバリーの余裕がありませんでした。

 1点ビハインドで折り返した後半は相手の運動量が落ちたことも手伝い、チャンスを作れるようになりました。実際にいくつか決定機も作りましたが、その直後に再び失点。良い形で攻めていたのは事実でも、守備のリスク管理を怠ってしまえば失点の確率が高まります。2失点目を紐解くと、人と人の間でボールをつながれて最後はまたしても背後のスペースを使われている。ダイレクトパスを活用した相手の攻撃が上手かっただけでなく、日本の応対にも課題が残りました。

 0-2という結果は戦前の力関係を覆すものではなく、力負けと言わざるをえません。これまでの2試合から相手のレベルが明らかに上がり、プレースピードや精度、戦術面でも劣っていました。すべてにおいてワンテンポ速く、強い動きが求められる中で、今まで通用したことが通用しなくなった。そういったことが2つの失点場面に凝縮されているように感じました。

 チャンスを決め切れずに流れを手放してしまうのは課題ですが、我慢強く守れずに失点してしまうのはそれ以上に大きな問題で、致命傷になりかねない。格上のチームと対戦する時は終盤の、できれば70分から80分までスコアレスで耐え凌ぐことでようやく勝機が生まれてくる。同じ失点にも内容があり、イングランド戦のような失点をしていると今後も厳しい戦いは避けられないでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 17:27
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事