ここから本文です

ファーウェイ、ウェアラブル端末の出荷台数で世界3位。“最も急成長するブランド”に

6/20(木) 15:27配信

PHILE WEB

ファーウェイは、調査会社IDCの公表した2019年第1四半期ウェアラブルベンダーのグローバルランキングにおいて282.2%の成長を記録し、同社のウェアラブル端末が出荷台数で世界第3位となったことを発表した。これにより同社は、同市場において2四半期連続で世界一急成長するブランドになったとのこと。

IDCの調査結果によると、同ランキング1位のAppleは成長率49.5%で市場シェア率は25.8%、2位のXiaomi(シャオミ)は成長率68.2%で市場シェア率は13.3%。ファーウェイはこれに続き、市場シェア率は10.0%となっている。

また同社は、手首装着型デバイス市場において1年間で213%の成長を記録し、他メーカーの成長率を上回ったこともアピール。「ファーウェイのウェアラブルが好調であり続けるのは、製品の競争力が継続的に向上しているからにほかならない」とコメントしている。また昨年発表された「HUAWEI WATCH GT」は、睡眠トラッキングと心拍センサーを起動しても約2週間持続するバッテリーが世界中のユーザーから好評を博しているという。

また、日本では4月に発表された「HUAWEI WATCH GT アクティブモデル/エレガントモデル」が、新しいカラーと小さなベゼル、最適化された機能が若い世代を惹きつけており、第2四半期も好調な業績を維持すると見込んでいるとのことだ。

編集部:杉山康介

最終更新:6/20(木) 15:27
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事