ここから本文です

桜田ひより、声優初挑戦で難しかったのは「感情とせりふのタイミング」

6/20(木) 7:00配信

ザテレビジョン

桜田ひよりが声優に初挑戦した映画「薄暮」が、6月21日(金)より全国公開される。

本作は、バイオリンが得意な女子高校生・小山佐智(桜田)と、絵を描くだけで生きてきた男子高校生・雉子波祐介(加藤清史郎)が、とある田園風景の中で出会い、やがて恋へと発展する物語をつづる。

【写真を見る】桜田ひよりは声優初挑戦に「不安もあった」と語ってくれた

幼少期から活動を続け、近年では話題の映画やドラマに多数出演している他、ファッション誌「Seventeen」(集英社)専属モデルも務めるなど幅広く活躍する桜田にインタビュー。声優初挑戦の感想や作品への思い、物語の舞台となった福島・いわきについて語ってもらった。

■ 加藤清史郎は「優しいお兄さん」

――今回の出演が決まった時の心境から教えてください。

声優のお仕事は初めてだったので、最初はやっぱり不安が大きかったですね。でも、山本(寛)監督の作品への熱が強く、その思いを熱意を持って伝えてくださいました。本当にこの作品のことを愛しているのだなというのが、すごく伝わってきて「やってみようかな」と思いました。

――最初に作品を読まれた時の印象は?

見ていて心がほっとするような、和んでもらえるような作品だと感じました。

――声優の仕事は以前から興味ありましたか?

はい。でも、まさか自分が声優の仕事をするとは想像していなかったです。

実際にやってみると、映像の仕事と違って難しい部分がたくさんありました。声だけでしか感情を表現できなかったり、自分の感情とせりふのタイミングを合わせることが難しかったです。でも、最初からそのせりふと感情を合わせて準備しておくようにしてみたら、言いやすくなりました。

それと、台本のページを音を立てずにめくることが難しく、家で何度も練習をしました。

――アテレコの時の様子を教えてください。

いろいろアドバイスをいただきながら進めていきました。ピタッとはまる時とそうじゃない時があって、うまくいかない時には監督と相談しながら進めていきました。お菓子がいっぱい置いてある、和気あいあいとした現場でした(笑)。

加藤さんはお会いする前から真面目で何でもできちゃう方なんだろうなと思っていたんですが、お会いしたら実際そのイメージ通りの何でもできちゃう方で、現場ではみんなを引っ張ってくれる優しいお兄さんでした。

■ 佐智を演じる上でのこだわり

――演じた佐智はどんな女の子ですか?

佐智は自分のことをあまり表に出さない子で、友達の前でも自分の話をあまりしない。家族でも友達でも、どこか気を使っているような優しい女の子だと感じました。

――ご自身と似ているところはありますか?

基本的に自分の気持ちを伝えるのが苦手だけど、ちゃんと言わなきゃっていうタイミングで思い切るところは自分と似ていると思いました。楽器が弾けるところは自分と違いました。私は音楽が苦手なので(笑)。

――では、佐智を演じる上でのこだわり、見てもらいたいポイントはありますか?

人に気を使って、一緒にいる人によって変わる女の子なので、その違いを表現することにはこだわりました。難しいけどやりがいがあったので、ぜひ見てほしいです。また、作品の中で佐智が成長していく過程も見てもらいたいポイントです。

――桜田さんは同世代になりますが、佐智のような学生生活は憧れますか?

佐智のように部活に入っているのって、すごく「青春!」って感じでいいですよね。私はずっと部活に入っていなかったので、部活の居残り練習とかにも憧れます。

――実際に祐介君のような男の子がいたら?

祐介君は真面目で誠実なイメージ。みんなに優しいんだろうなと思いました。ちょっと照れ屋さんの部分は、佐智が好きなところだと思います。実際に友達にいたら、一緒にいて安心できそうだと思いました。

――主題歌「とおく」のミュージックビデオに出演し、いわきで撮影されたそうですね。

実際に佐智がいた場所に、佐智と同じ制服を着て、バイオリンを持って、同じ格好で立ってみました。気分はもう佐智でした。自分で見返しても、自分が佐智に見えてきました。

いわきは食べ物がおいしくて、景色がとてもきれいですね。空が広く感じられて、星もすごくきれいに見えました。

■ おうちが一番落ち着く

――作品では佐智のお気に入りの場所が出てきます。桜田さんにとってお気に入りの場所はどこですか?

おうちが一番落ち着きます。自分の好きなものに囲まれているのでリラックスできますね。窓を開けて本を読んだり、佐智みたいにベッドの上で音楽を聴いたりしています。

――桜田さんは最近、主演作や話題作への出演が続いていますね。

とても充実しているなぁと思います。特にオーディションで自分がやってみたいと思った役を実際に演じることができると、より強く感じますね。

プライベートでは学校の宿題もありますが、その合間で自分の好きなことをやっている時に充実していることを感じますね。

――声優初挑戦の次に挑戦してみたいことは?

個性的な、極端なキャラクターを演じてみたいです。髪を派手な色に染めたりする役などは、やっていて楽しそうだなって思います。

――では、最後に読者にメッセージをお願いします。

「薄暮」という作品は、実際にいわき市にある風景を基に描かれている作品です。映画を見る前でも後でも、ぜひ足を運んでいただいて、佐智が見ている風景と同じ風景を実際に皆さんにも見ていただきたいなって思います。

(ザテレビジョン)

最終更新:6/20(木) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事