ここから本文です

天海祐希、“キントリ”との別れを惜しむ「離れるのはちょっと寂しい」

6/20(木) 6:30配信

ザテレビジョン

6月20日(木)に最終回を迎える「緊急取調室 第3シリーズ」(夜9:00‐10:09、テレビ朝日系)で、主演の天海祐希らキントリメンバーがクランクアップを迎えた。

【写真を見る】天海祐希演じる有希子は何かを訴えるような眼差しを向ける

同作は、天海演じるプロの取調官・有希子(天海)が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる。

今回、キントリと見事な捜査連携を取る“モツナベコンビ”を演じる速水もこみち&鈴木浩介もねぎらいに駆け付ける中、キントリメンバーは最後の撮影を無事終了した。

■ 天海「本当にすてきなメンバー」

全撮影を終え、思い出深い取調室のセットに集合した天海らは、感無量の様子。各出演者のあいさつでは、第3シーズンから出演した塚地武雅は「このドラマの撮影中に5kg太りまして…(笑)。でも、明日から差し入れのない日々が続くでしょうから、すぐに戻せると思います」と現場を和ませた。

小日向文世は「第1シーズンの年(2014年)に僕は還暦を迎えたのですが、それから5年。年を取るのも悪くないなぁと思わせてくれる、本当に楽しい現場でした!またここに帰ってきたいと思います」と思いのたけを打ち明けた。

そんな中、座長の天海は「たくさんの素晴らしいゲストの方がいらしてくださいました。そして、すてきなスタッフの皆さん、何よりもこのキントリのメンバー!本当にすてきなメンバーで、いつまでもこの現場にいられたらいいなと思っていました。本当に幸せな毎日でした。このメンバーと離れるのはちょっと寂しいです」と素直な胸の内を吐露。

最後に「また成長した姿で頑張っていきたいなと思っています」と決意を新たにし、キントリとの別れを惜しんだ。

■ 最終話のあらすじ

同窓会で同級生らを毒殺した罪で起訴された被告人・未亜(吉川愛)と、医大キャンパスで起こった同級生刺殺事件の被疑者・藤井(坂東龍汰)。2人が2カ月前、かつて山のキャンプ場を襲った土砂崩れから自分たちを救出してくれた地元中学校の元校長・染谷(吉田鋼太郎)と会っていたことが判明。さらにその日に、彼らが染谷を崖から突き落としていたことも明らかになる。

有希子ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は真相を明らかにするため、未亜を徹底的に追及。やがて未亜は重い口を開いたかと思うと、染谷に“警告”するため、藤井に複製させた毒物を同窓会の飲み物に混入したという供述をする。しかし、その行為が染谷に対し、どういう“警告”になるのかまでは聞き出すことができずにいた。

時を同じくして、転落事故について事情を聴くため染谷の自宅を訪れていた管理官・梶山(田中哲司)が、キントリにこれから帰る旨を連絡したのを最後に、消息を絶ち、キントリのメンバーはよからぬ胸騒ぎを覚える。

そんな中、都心のごみ箱から梶山の携帯のみが発見される。そこには山の斜面、そして青空を撮影したと思われる画像データが残されていた。

梶山の身を案じながらも、有希子らは転落事故の件で染谷の聴取を開始。当初はあくまで「自ら発作的に身を投げた」と主張していた染谷だったが、やがて「本当のことを話す」と切り出し、未亜と藤井との面会を懇願し始める。

一方、有希子はその際の何気ない会話の流れに鋭く反応する。現構成メンバーの正式変更を目前に控えたキントリメンバーが、一丸となって挑む“最後の事件”。彼らは謎多き事件の真相を解き明かすことができるのか。そして、キントリを待ち受ける運命とは…。(ザテレビジョン)

最終更新:6/20(木) 6:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事