ここから本文です

モーニング娘。'19・牧野真莉愛、始球式に登板!話題の“まりパカ”姿で全力投球

6/20(木) 18:22配信

ザテレビジョン

モーニング娘。'19の牧野真莉愛(18歳)が、6月19日に横浜スタジアムで行われた日本生命セ・パ交流戦「横浜DeNAベイスターズvs北海道日本ハムファイターズ」の始球式に、ネット上で「可愛い!」と話題の“まりパカ”姿で登板した。

【写真を見る】キュートな“まりパカ”姿で笑顔を見せるモーニング娘。'19・牧野真莉愛

モーニング娘。に加入する前は年間50回以上スタジアムで観戦、キャンプも観に行くほど、大の日本ハムファイターズファンである牧野は、日本生命セ・パ交流戦のTwitterとTikTokのキャンペーンに起用されている。

キャンペーンでは、「日本生命セ・パ交流戦」公式キャラクターの“セカパカくん”ならぬ、“まりパカ”に扮し、毎年恒例となっているセカパカダンスに挑戦。6月12日時点でTwitterでのダンス動画再生回数は540万回を突破し、TikTokでの(#セカパカダンス)投稿への「いいね!」は23万を超えている。

当日の事前練習では横浜DeNAベイスターズ・山崎康晃選手(※「崎」は正しくは「立つ崎」)とのキャッチボールをした牧野。真剣な眼差しで15球ほど投げると、山崎選手は「もうちょっと高く投げるといいよ」というアドバイスをしながらも「ナイスボール!」と牧野の全力投球を絶賛していた。

当初はマウンドよりも手前からの投球を予定していたが、山崎選手とのキャッチボールで手ごたえを感じた牧野はマウンドから投げたいと直訴。本番ではバッターボックスから18.44m離れた正式ルールと同じ距離での投球となった。

キャッチャーの嶺井博希選手に向かって迷いなく投げ込むと、バッターの柴田竜拓選手が空振り。会場から“まりパカ”に大歓声が送られた。投球は、惜しくも1塁側に逸れてワンバンしてしまったものの、牧野は「70点!気持ち的には合格点です」と満足げな様子だった。

セレモニアルピッチ後の囲み取材で牧野は「ずっと日本生命セパ交流戦が続くといいなと思っています。“まりパカ”も全国の球場に遊びに行きたいなと思います」と、今後への意気込みを語った。

6月19日に開幕した日本生命セ・パ交流戦は6月23日(日)まで行われる。(ザテレビジョン)

最終更新:6/20(木) 18:22
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事