ここから本文です

森保監督、ウルグアイ戦で第1戦からスタメン変更明言 「何人かは変わって出場する」

6/20(木) 5:17配信

Football ZONE web

コパ・アメリカ第2戦で世界8位のウルグアイと対戦、指揮官がメンバーについて言及

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)。前日会見に出席した森保監督は「何人かの選手は変わってウルグアイ戦に出場する」とスタメン変更を明言した。

【一覧】コパ・アメリカ2019「出場国&グループリーグ組み合わせ&日本代表メンバー23人」

 第1戦では大会2連覇中の南米王者チリと対戦。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビューを飾った。

 4-2-3-1システムを採用し、18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)がトップ下で代表初先発。序盤は互角の攻防を繰り広げるも前半終了間際に失点すると、後半にも3失点して0-4で敗れた。

 森保監督はウルグアイ戦に向けて「中2日の試合なので、何人かの選手は変わってウルグアイ戦に出場する。ただ今日の練習を見てコンディションを見極めて、最終的に決めたい」と言及。第1戦チリ戦から数人のメンバー変更を明言した。

 ウルグアイは第1戦エクアドル戦でFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)らのゴールで4-0と快勝。さらに同国メディアの日本戦予想スタメンでは、そのカバーニとスアレス、DFホセ・マリア・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)やディエゴ・ゴディン(アトレチコ)らの継続起用と伝えている。

 メンバーを変えて臨む森保ジャパンは強敵を相手にどのような戦いを見せるのか注目が集まる。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/20(木) 7:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事