ここから本文です

久保建英は「フィーリング」タイプ ドリブラー伊藤達哉が18歳MFに覚えた“似た感覚”

6/20(木) 11:50配信

Football ZONE web

チリ戦で感じたやれる感覚と大敗のギャップ 「結局ああいうのが強いチームなんだなと」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日にコパ・アメリカのグループリーグ第2戦(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)でFIFAランキング8位のウルグアイと対戦する。初戦のチリ戦で0-4と大敗を喫した日本にとって重要な一戦となるが、A代表デビューを狙うMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)は18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)を「フィーリングでプレーしているタイプ」と表現し、「自分の良さを出してもらいつつ、僕が引き出しつつという感じで」とイメージを膨らませた。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩いて“感情爆発”の瞬間

 日本は17日のグループリーグ初戦チリ戦を、森保体制発足以降のメインシステムとしてきた4-2-3-1でスタート。1トップにFW上田綺世(法政大)、2列目はサイドにMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)とFW前田大然(松本山雅FC)、トップ下にMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)が入った。

 スタメン6人がA代表デビューという若い陣容のなか、年代別代表で共闘してきた選手も多く連係面のベースはできており、試合序盤は互角の攻防を展開した。しかし徐々に地力の差が表れ、前半41分にはCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に被弾。後半にはFWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2ゴール、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)に1ゴールを決められて0-4と大敗した。

 チリ戦では、森保ジャパン2度目の選出となった伊藤に出番は回ってこなかったが、ベンチで戦況を見守りつつ、コパ・アメリカ王者との戦いをこのように振り返る。

「チリの迫力は想像以上ではなかったです。思っていたより(日本が)ボールを握れたし、シュートシーンもあったので、思っていた感じとは違った。ただ、スコアは一番やられちゃいけない感じ。僕は試合に出ていないのでなんとも言いづらいですけど、結局ああいうのがチリだったり、強いチームなんだなと」

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:22
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事