ここから本文です

森保監督、ウルグアイ戦での4バック継続の“真意” 「責任を持ってプレーして…」

6/20(木) 17:40配信

Football ZONE web

0-4で敗れたチリ戦から「何人か変えたい」と明言 コンディションや経験を取るか…

 日本代表は現地時間20日(現地20時・日本時間21日8時)、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する。森保一監督は19日の練習後に4-2-3-1の継続採用を示唆。FWルイス・スアレス(バルセロナ)とFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)のダブルエースを擁する南米の強豪に対し、“局面での責任”を明確にする意図を明かした。

【一覧】1億円超えは、わずか6人! 日本代表、コパ・アメリカ全23選手「推定市場価格ランキング」

 第1戦では大会2連覇中の南米王者チリと対戦。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がスタメンでA代表デビューを飾った。

 4-2-3-1システムを採用し、18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)がトップ下で代表初先発。序盤は互角に近い攻防を繰り広げるも前半終了間際に失点すると、後半にも3失点して0-4で敗れた。

 20日に対戦するのは、森保ジャパン発足後の2018年10月にも対戦(4-3で勝利)しているウルグアイ。言わずと知れた南米屈指の強豪は、FWルイス・スアレスとFWエディンソン・カバーニのダブルエースを中心に攻撃を仕掛けてくる。今大会初戦のエクアドル戦では2人が揃ってゴールを奪ったのに加え、MFニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース)も得点を挙げるなど4-0で快勝。ウルグアイメディアの一部報道では、引き続き4-4-2を採用し、スアレスとカバーニもスタメン出場する見込みだという。

 試合会場となるアレーナ・ド・グレミオで、DF冨安健洋(シント=トロイデン)とともに前日会見に登壇した森保監督は、「中2日の試合なので、何人かの選手は変わってウルグアイ戦に出場する」とスタメン変更を明言。その後、チームに合流した指揮官はトレーニング後に再び記者陣の取材に応じ、「コンディションと次の戦いで試したいことを含めて何人か変えたいと思う」と改めて入れ替えを示唆した。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 17:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事