ここから本文です

東京五輪世代「ポジション別最新勢力図」 トゥーロン&U-20W杯を経て競争激化!

6/20(木) 20:39配信

Football ZONE web

来年の本大会メンバーを巡るサバイバルが過熱 2つの国際大会を終えた現時点の序列は?

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日にコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第1戦のチリ戦に臨み、0-4と完敗を喫した。日本にとっては厳しい結果となったが、この試合では1997年生まれ以降の東京五輪世代の10人がA代表選手としてピッチに立ち、南米の強豪を相手に貴重な経験を積んだ。

【一覧】1億円超えは、わずか6人! 日本代表、コパ・アメリカ全23選手「推定市場価格ランキング」

 一方、6月上旬に行われたトゥーロン国際大会では、東京五輪世代の“第2グループ”という位置付けの編成となったU-22日本代表が、史上最高となる準優勝の快挙を成し遂げ、その下の世代にあたるU-20日本代表は5月下旬から挑んだU-20ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出した。

 来年に迫る東京五輪に向け、各選手たちが積極的なアピールを続けているが、この2つの大会を終えた時点で東京五輪出場を狙う有力候補は、どのような顔ぶれとなっているのか。2大会での選手のアピール度を3段階で評価(◎→○→△)したうえで、ポジションごとの選手たちの勢力図を探っていきたい(「U-20W杯組」は活躍した選手、五輪世代に招集歴のある選手に限定)。

【GK】
■コパ・アメリカ組
- 小島亨介(大分)
- 大迫敬介(広島)
■トゥーロン組
○ オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)
△ 山口瑠伊(エストレマドゥーラ)
△ 波多野豪(FC東京)
■U-20W杯組
○ 若原智哉(京都)

 コパ・アメリカに出場する2人が中心となっているGK陣だが、互いに絶対的な存在かと言われればそうではない。トゥーロン国際大会ではオビ・パウエルオビンナが最多の3試合に出場。多少不安定さを見せる場面はあったが、決勝戦ではキャプテンを務めるなどチームからの信頼も厚く、アピールに成功したと言っていい。

 またU-20W杯で出色の出来を見せたのが若原だ。エクアドル戦のPKストップだけでなく、メキシコ戦やイタリア戦でも好セーブを連発。彼がいなければグループリーグ突破はなかったはずだ。怪我で欠場した谷晃生(G大阪)を含めて、GK争いはまだまだ熾烈を極めるだろう。

1/4ページ

最終更新:6/21(金) 12:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事