ここから本文です

キウイのゼスプリ「アゲリシャスCM」人気のワケ

6/20(木) 6:20配信

東洋経済オンライン

あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか? 
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2019年6月前期(2019年5月20日~2019年6月4日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

 期間中にオンエアされた全3171作品のうち、最も高いCM好感度を獲得したのはKDDI『au』で、「三太郎」シリーズの新たな展開を予感させるCMだ。“ヤバイ鬼”により傷だらけになった鬼ちゃん(菅田将暉)のために三太郎が出陣しようとすると、どこからか「いいね、鬼退治!」と女性の声が。辺りを見回す三太郎の隣で、3人の姫が灯籠の上にたたずむ小さな女性を見つけて「ママ!」と声を上げるというストーリーだ。

 5位には続編となる新作もランクイン。声の主である親指姫(池田エライザ)が姿を現し、姫たちの親だと名乗る。さらには鬼の居場所を知っていると告げ、一緒に連れていくようアピールする。ラストカットでは「いいねぇ」と親指を立てる親指姫のアップにあわせて「おもしろいほうの未来へ。」という新ブランドスローガンも掲げられている。

 同社は5月にKDDIおよびauのブランドスローガンの一新を発表しており、KDDIは「Tomorrow,Together」、auは「おもしろいほうの未来へ。」とそれぞれ改めた。新しい物語の始まりに乗せて、新プランの登場だけでなく“一緒に未来へ進む”というブランドの姿勢も表明した。

■上位には人気CMシリーズの新作が並んだ

 2位は日清食品『カップヌードル SiO』。2017年に『魔女の宅急便』や『アルプスの少女ハイジ』といった国民的人気作品を題材に、パラレルワールドとして現代の高校生となった登場人物の青春物語を描き大きな話題となった「HUNGRY DAYS」の新作だ。

1/3ページ

最終更新:6/20(木) 6:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ