ここから本文です

工場の“ゴミ”を売る、プリマハムのすごい情熱

6/20(木) 11:00配信

東洋経済オンライン

プリマハムの茨城工場は、排水処理過程で出るゴミ“余剰汚泥”を肥料に変え、売却している。これにより、産業廃棄物処理業者に委託していたコストが不要となり、処理コストは3分の1に減り、年間およそ100万円の売却益を出している。
この仕組みづくりに携わったのが、プリマハム開発本部・基礎研究所の岡田幸男(おかだゆきお)さん。入社後に微生物の研究をはじめ、すっかり微生物の魅力に引きつけられてしまった。微生物は目に見えないが、あらゆる場所で活躍している。食中毒の原因も微生物なら、水をきれいにしてくれるのも、ゴミを減らしてくれるのも微生物なのだ。プリマハムのゴミを減らす取り組みのほか、微生物研究の魅力とは何かを聞いた。

この記事の写真を見る

■工場から出るゴミ“余剰汚泥”を肥料に変えて売却

 ――排水処理の過程で出る“ゴミ”を肥料に変え、売却できるようにしたということですが、どうしてこの研究をすることになったのですか? 

 入社6年目に「環境」について研究しろと言われました。具体的にこれをやりなさいということはなく、環境にいいことをということでした。そこで、工場から出るゴミを調べると、ワースト3が「余剰汚泥(おでい)」「動植物性残渣(ざんさ)」「廃棄プラスチック」だったんです。さらに調べると、余剰汚泥は肥料にできるということがわかりました。

 ――余剰汚泥とは、どういったものですか? 

 排水処理の過程で出る産業廃棄物です。プリマハム茨城工場はハム・ソーセージの生産が中心で、機械の掃除や肉の解凍などに大量の水を使います。使った水には、たんぱく質や脂分などの肉の汚れが含まれます。それを浄化槽で処理をして、きれいにしてから河川に放流しています。

 水をきれいにする過程では、微生物が活躍しています。空気を送ると、水の中にいた微生物が元気になって、汚れをむしゃむしゃ食べ始めます。食べたあと、微生物は死んでしまい、死骸が沈殿します。それが余剰汚泥です。茨城工場の汚泥は微生物の固まりで、植物が育つために必要な栄養が豊富に含まれていたんです。

1/5ページ

最終更新:6/20(木) 11:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事