ここから本文です

井岡一翔の緻密で美しい4階級制覇。山中慎介、井上尚弥と違うスター性。

6/20(木) 14:46配信

Number Web

 WBO世界スーパーフライ級王座決定戦が19日、幕張メッセ・イベントホールで行われ、同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)を10回1分46秒TKOで下し、日本人男子選手初の世界4階級制覇を達成した。

【動画】何度見てもエグい、井上尚弥の70秒KO。

 ミニマム級から階級を上げて4階級制覇に挑む井岡と、バンタム級やスーパーバンタム級で戦った経験を持ち、体格とパワーが自慢のパリクテとの一戦。

 井岡の立ち上がりは満点というわけにはいかなかった。

 「思ったより距離が遠く、懐も深かった。左のリードも思ったより伸びてきて、始まったときはやりずらかった」

 前半が強いと目されたパリクテはジワジワとプレッシャーをかけ、長いリーチからジャブ、右のカウンターを繰り出す。井岡はこれをわずかにもらった。初回の採点は3ジャッジともパリクテを支持した。

機能し始めたインサイドワーク。

 ここで焦らず、生命線であるジャブを軸にじっくり組み立て直させたのは、30歳になった井岡のキャリアだろう。まずは相手のパンチを外すことを優先し「我慢比べのような」(井岡)3ラウンドを終えると、4ラウンドに転機が訪れる。

 パリクテがしびれをきらしたか、もともとエンジンをふかす計画だったのか、わずかに攻勢を強めると、井岡が持ち味を発揮し始めた。「距離感をつかんだ」。真骨頂であるインサイドワークが機能し始めたのだ。

 パリクテのパンチをポジショニングとダッキングで絶妙にかわし、素早くサイドに回り込んでワンツー、左ボディを打ち込む。

 “神の左”山中慎介の踏み込みとも、“モンスター”井上尚弥の爆発力とも違う。

 井岡の作り出す小宇宙は、豪快さとも、派手さとも無縁でいながら、いつも緻密で美しい。

井岡が覚悟を決めた瞬間。

 すっかり勢いをそがれたパリクテが勝負に出たのは7回だ。前に出て立て続けに連打を繰り出すと、井岡がズルズルと後退し始める。パンチがヒットしたようには見えなかったもののダメージを負ってしまったのか? 幕張メッセはたちまちざわついた。

 「まともにもらってない。でも、ガードの上からでも脳が揺れた」

 もしこのまま崩れていれば「階級の壁」が敗因として語られていたに違いない。ミニマム級からクラスを上げていった井岡はスーパーフライ級の真の強打者のパンチに耐えられなかったのだと─―。

 しかし、井岡はここで気持ちを奮い立たせた。

 「相手が勝負にきたと思った。ここで打ち合わないと勝てない。覚悟を決めて打ち合った」

 防戦一方から一転、井岡が反撃に出た。両者のパンチが交錯する。パワーならパリクテだが、回転力は井岡が上だ。井岡のボディブローでフィリピンの強打者がペースダウンした。

 迎えた10回、井岡が右ストレートをカウンターで叩き込むとパリクテが大きく後退。一気に勝負に出て連打をまとめると、フラフラになったパリクテを主審が救った。雄たけびを上げて井岡がコーナーにダッシュ。会心の勝利に喜びを爆発させた。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 17:31
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

982号
7月11日発売

特別定価620円(税込)

カープに学べ。

なるか4連覇! カープの成功と愛される秘密を解き明かす
鯉のレッスン14講座

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事