ここから本文です

アマゾンに敵対心を燃やすウォルマート、次は広告業に関心

6/20(木) 18:00配信

WWD JAPAN.com

ウォルマート(WALMART)は6月5~7日に年次株主総会を開催し、業績の報告や従業員の表彰を行ったほか、今後のデジタル戦略などを発表した。

【画像】アマゾンに敵対心を燃やすウォルマート、次は広告業に関心

米女優のジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)やソフィア・ベルガラ(Sofia Vergara)が登場したり、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がビデオでウォルマートによるコミュニティーへの貢献を称えたりするなど華やかなイベントとなった。また2020年米大統領選の民主党候補指名争いに名乗りをあげているバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員も出席し、「ウォルマートの賃金は低すぎる」として従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げるよう訴えたが、株主により否決された。

同社はアマゾン(AMAZON)に対抗する新サービスとして、顧客の冷蔵庫に生鮮食品を宅配する「インホーム(INHOME)」を発表した。配達は少なくとも1年以上勤務している従業員が担当し、顧客は配達員が装着しているカメラで撮影された映像によって室内での様子を確認できるという。

傘下のジェット・ドット・コム(JET.COM)の創業者でもあるマーク・ロア(Marc Lore)=ウォルマートU.S. EC部門プレジデント兼最高経営責任者(CEO)は、「およそ20万種類の商品の中から購入したものを無料で翌日配送するサービスを数週間前に発表したが、さらに2800の人気商品がそこに追加された。翌日配送の場合、商品は全て同じ配送センターから配送されるため、実は費用を抑えられる」と発表した。

ウォルマートは18年6月、チャットでの会話を通じて買い物と配達を依頼する有料会員サービス「ジェットブラック(JETBLACK)」をスタートしている。同氏はこれについて、「会員の3分の2以上が毎週利用しており、月平均で1500ドル(約16万2000円)の買い物をしている。将来的には仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術を利用して、価格の比較や商品レビューなどの店舗にない情報も提供していきたい」と語った。

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 11:32
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事