ここから本文です

ニッポンのおもてなし! G20大阪サミットの「最新トイレ事情」

6/20(木) 6:00配信

週プレNEWS

6月28、29日に開催されるG20大阪サミット。会場となるインテックス大阪(大阪市住之江区)の周辺はすでに警備が始まっているが、テロ対策と並んで今回、ひそかに注目されているのが"トイレ対策"だ。

【画像】TOTOとLIXILの最新機種

インテックス大阪の設備を管轄する大阪市経済戦略局の担当者はこう語る。

「G20の会場に決まった時点では、38基の和式トイレが残っていました。今回、そのうち半分の19基を洋式に変更し、さらに女性用トイレ16基と多目的トイレ1室で構成される『トイレ棟』を新設。便器だけでなく洗面設備、床、壁、天井なども全面的に改修し、その総費用は1億2700万円です。また実は、洋式トイレが35基増えたうちの16基は、TOTOさんとLIXILさんから8基ずつ寄付していただいたものです」

トランプ米大統領も「グッジョブ!」と言うはずだ。G20関西推進協力協議会が、その経緯を説明する。

「当時、吉村洋文大阪市長(現大阪府知事)から『世界から来る人たちにきれいなトイレを提供しよう』との話がありました。職員らで話し合い、業界団体を通じて寄付を募ったところ、2社が手を挙げてくれたわけです」

プーチン露大統領の「スパシーバ!」の声が聞こえてくるようだ。両社に、寄付した最新機種の特長を聞いてみた。

「『パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式』という公共施設向けの機種です。従来は一度流すと次に流せるまで60秒かかっていたところ、この機種はたった20秒で次の洗浄が可能で、女子トイレの行列解消にも役立ちます。また、取りつけられているウォシュレットには水を電気分解して作られる『きれい除菌水』でノズルの内側と外側を自動洗浄する機能があり、衛生面の不安を解消します」(TOTO広報部)



「公共施設向けのなかでも、特に最先端機能が盛り込まれた機種です。エコ性能を強化し、流すための水の量は従来の半分、たった5リットルで済みます。また、当社のシャワートイレはお尻を洗うノズルとは別に、女性専用のビデに使う『レディスノズル』を備え、ノズルが2本あるのが特徴。その清潔感が好評です」(LIXIL広報部)



トップメーカー2社が、オールジャパン態勢の"OMOTENASHI"で世界に日本のトイレを売り込むわけだ。某大手家電量販店の温水洗浄便座売り場担当者は、両社の洗浄機能をこう解説する。

「私は周辺に新しい商業施設などができると、必ず実際に足を運び、用を足して確かめることにしています。G20の会場は警備のため入れていないので残念ですが......。

TOTOさんもLIXILさんも、水圧が他社より強めでしっかり洗えるのが特徴。特にLIXILさんは女性用ノズルが有名ですが、実は水圧の強さも体感ではナンバーワン! おじさんが多いゴルフ場などでの導入も多いです。

一方、TOTOさんはコントロールが素晴らしい。当てたい所に集中して当てる、止めたいときにピタッと止まるなどキレが抜群です。両社とも世界に誇れるメーカーなので、トランプさんやプーチンさんがひと言コメントしてくれるのを期待します!」

お願いします!


取材・文・撮影/ボールルーム

最終更新:6/20(木) 6:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.30
7月13日(土)発売

特別定価440円(税込)

山本太郎とれいわ新選組は参院選の大穴とな
るか/プロ野球後半戦のキーマンは?/“も
らえる年金”はいくら?【グラビア】小島瑠
璃子/傳谷英里香/塩川莉世/牧野澪菜 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ