ここから本文です

2019年7月の住宅ローン金利は、史上2番目の低金利に! 長期金利のマイナス幅拡大が影響

6/20(木) 18:25配信

ダイヤモンド不動産研究所

世界的な長期金利の低下の影響で、2019年7月の住宅ローン金利は史上まれにみる低金利になるでしょう。今から借り換えを申し込めば、7月の実行に間に合います。また、フラット35など長期の固定金利で借りる予定ならば、6月から7月に実行を延期するだけで100万円以上の差が生じる可能性もありますよ。

フラット35団信込みで史上初の1.1%台へ!

 こんにちは、ブロガーの千日太郎です。

 19日に「住宅金融支援機構債(RMBS・住宅ローン債権担保証券)」の表面利率で、驚くべき低金利が発表されました。実はこの利率から、翌月のフラット35の金利が予想できるのです。

 フラット35の金利を売り値とすると、住宅金融支援機構債の表面利率は仕入れ値のようなものです。仕入れ値が上がれば売り値も上がり、仕入れ値が下がれば売り値も下がるということです。

 その証拠に、直近3カ月の住宅金融支援機構債とフラット35の金利を並べると以下のように同じ変動幅で推移していることが分かりますね。以下を見てください。

【 年 月 】機構債、フラット35
【2019年4月】0.31%、1.27%
【2019年5月】0.33%、1.29%(0.02%↑)
【2019年6月】0.31%、1.27%(0.02%↓)
【2019年7月】0.21%、1.17%予想(0.10%↓)
※フラット35は借入期間21年以上、団信加入、頭金10%以上の金利とする。

 前の月に発表される住宅金融支援機構債の表面利率が0.02ポイント上がればフラット35の金利も0.02ポイント上がり、機構債の表面利率が0.02ポイント下がれば、同じく下がるということだったのです。

 今回、6月19日に発表された機構債の表面利率が0.10ポイント下がったので、7月のフラット35の金利も0. 10ポイント下がるとすると、団信込み35年固定で1.17%になると予想できるのですね。

金利0.1%低下で総支払額は100万円以上減少も!

 ここで、0.10ポイントの重みを実感してもらいましょう。

 住宅ローンの金額が5000万円ならば、1.27%(6月)と1.17%(7月予想)では総支払額で100万円も違ってくるのです!

【2019年6月借り入れのケース】
金利1.27%
毎月返済額 14万7521円
総返済額 6195万8872円

【2019年7月借り入れのケース】
金利1.17%(予想)
毎月返済額 14万5138円
総返済額 6095万8110円
※試算の前提は、借入5000万円、35年元利均等返済とする。諸費用は考慮せず。

 住宅ローンの借入額が多ければ、それだけ金利が下がることよる総支払額の減少幅も大きくなります。0.1ポイントの金利差は結構大きいのですよ。

1/2ページ

最終更新:6/30(日) 6:20
ダイヤモンド不動産研究所

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ