ここから本文です

パの本命はソフトバンク。でも、楽天がここまでやるとは!ブラッシュと浅村がいいな【岡田彰布のそらそうよ】

6/21(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

故障者がいてもソフトバンクは強い

交流戦から四番に座るブラッシュ[左]の活躍はすごいし、楽天打線の中で、下位の起爆剤となっているウィーラー[右]も効いているわ

 評論家として契約しているデイリースポーツだが、皆さん、ご存じのとおり、阪神タイガースをトコトン追い続けている。そのため、評論の仕事は阪神戦がほとんど。ということは、パ・リーグの試合をナマで観る機会はほとんどない。

 それだけに毎年6月から始まる交流戦は楽しみで仕方ない。パ・リーグをあらためて知るチャンスやし、パの本当の力を確認できる。今年も、その季節がやってきた。

 ということで6月11日からのソフトバンク対阪神3連戦の取材。大好きな博多に向かった。

 ここはナジミの店も多く、仕事の後の食事やお酒が、たまらなくウマい。今回もそれを楽しみに、さあ仕事と……、ヤフオクドームに入った第1戦。タイミングよく、編集部担当のS君からいつもの連絡が。「久しぶりにパ・リーグのことに触れてください。まずはソフトバンクは本当に強いのか? なんてテーマで頼みます」。そんなんあらためて語る必要ないやんか。ソフトバンク、強いに決まっているやん。オレはそう思いながら、S君の指令どおりにゲームを追ったが、やっぱりソフトバンクは“底力”を示した。

 1戦目、阪神のメッセンジャーに抑え込まれ、敗戦まであと1アウトになった1点差の9回二死。ここで今宮(今宮健太)がレフトに同点タイムリーを放ったのである。デイリースポーツ的には、阪神もったいない!! がメーンになるのだが、そこは素直にソフトバンクの力を認めるしかないやろな。

 そらそうよ。ソフトバンクの先発オーダーを見直してもらいたい。柳田(柳田悠岐)の名がないし、主軸クラスも故障で、大幅な戦力ダウンに見舞われている。普通ならズルズルと落ちていくところよ。それがどうよ。首位ではないが、こんな状況でもトップ争いをしているかのように、ソフトバンクの底力は相当なもんよ。こんな逆境でこそ、チームの本物の力が問われるのである。

 セ・リーグのファン、タイガースのファンなら、ソフトバンクの出場選手の名前は、聞き覚えがないのでは・・・ 本文:2,204文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/21(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る