ここから本文です

木村拓哉、ソロデビューの真相と忌野清志郎に受けた影響

6/21(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

《とにかく楽しみです》《どんな曲を歌うんだろう》《ついに聞けるんだね!》──。『週刊女性』(6月18日発売)の報道を受けて、ネットにはファンの喜びの声があふれた。

【写真】木村拓哉のプライベートでのゴルフ姿は超かっこいい!

 同誌によれば、木村拓哉(46才)がソロデビューの準備を進めているという。昨年1月のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の続編が来年4月から放送される予定になっていて、木村がその作品で使用される楽曲を歌う計画があるというのだ。

「ドラマの続編については水面下で話が進んでいます。ただ、残念ながらCDを販売したりライブを行ったりということは、今のところ具体的な話はないようです」(芸能関係者)

 2016年にSMAPが解散して以降、木村は俳優業に邁進し、本格的な歌手活動はしてこなかった。

 しかし、歌への思いは強くあったという。2017年の『さんタク』(フジテレビ系)ではアコースティックギターで『LA・LA・LA LOVE SONG』などを弾き語り、昨年は「そごう・西武」のPR動画でポール・マッカートニー(77才)の名曲『ワンダフル・クリスマスタイム』を披露した。

「昨年9月にはB’zの30周年記念ライブに、飛び入り参加。友人でボーカルの稲葉浩志さん(54才)とマイクをシェアしながら、『ZERO』の一部を歌いました。その後、稲葉さんから木村さんに“歌う姿を見たい”というメッセージも送られました。木村さんも“2019年、タイミングがあれば自分ももう一度羽ばたいてみようかな”と語るなど乗り気でした」(音楽業界関係者)

 その言葉通り、今年5月、木村の姿は東京・日比谷公園大音楽堂にあった。1997年の主演ドラマ『ギフト』(フジテレビ系)で共演して以降、親交があった忌野清志郎さん(享年58)の追悼イベントにサプライズ登場した。

「ラストの『JUMP』を斉藤和義さん(52才)らが歌っている時に、合流し熱唱しました。サビでは何度も飛び跳ねながら歌うロックな姿を披露。さすがのパフォーマンスでした。アンコールにも登場し、『雨あがりの夜空に』を歌い上げました」(前出・芸能関係者)

 木村にとって、忌野さんは人生の中で影響を受けた人物の1人だという。

「『ギフト』の撮影現場や忌野さんの自宅でギターのセッションをしていました。その時の忌野さんのユーモアやカッコよさが忘れられないそう。

 2017年にLINEのCMに出演した時も、RCサクセションの『君が僕を知っている』をアコースティックギターで弾き語りをしていました。その曲は浮足立っていた自身を立ち直らせた思い出の曲だそうです。常々、忌野さんの曲は“生きている”と話しているので、今後、忌野さんの楽曲をカバーするなんてことも、あるかもしれませんね」(前出・音楽業界関係者)

※女性セブン2019年7月4日号

最終更新:6/21(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事