ここから本文です

小林幸子が語る「私を『ラスボス』に変えた夫の一言」

6/21(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 この「思いつき」は、私をワクワクさせてくれるものでした。

◆「ネット動画」という思いつきを拾った

 夫の林明男とは、2011年11月に結婚しました。相手は8歳年下で、当時の私は57歳。私自身、結婚するつもりはありませんでしたが、いつの間にかという感じです。

 林は、再生医療に関する事業を手がけています。最初の頃は「再生医療なんて信用できない」と口にする人も多く、ずいぶん苦労したようです。

 2017 年11月、iPS細胞から尿を排出する機能を持つ腎臓を再生させることに東京慈恵医大の横尾隆教授らのグループが成功した、というニュースが流れましたが、林はこの研究に当初から協力していました。

 林に言わせると、再生医療は「従来の医療の常識」との闘いなんだそうです。新しいことを生み出すには、これまで考えられてきた「思い込み」を捨てて、「思いつき」に賭けてみるしかない。

 そうした試行錯誤の末、何かが生まれると言います。「思い込みを捨て、思いつきを拾え」は、林たちのチームの合い言葉のようになっているそうです。

 私も、思い込みを捨てて、「ネット動画」という思いつきを拾ってみました。するとどうでしょう……。目の前に面白い世界が広がっていたんです。

 今でもネットの世界のことは詳しくありません。でも、それでいいのかな……。だって、自分の知らないことがたくさんあるってことを、卑下してもしょうがないですから。

※小林幸子・著『ラスボスの伝言~小林幸子の「幸」を招く20のルール』より抜粋

2/2ページ

最終更新:6/21(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事