ここから本文です

山田孝之インタビュー「挑戦しないのはもったいない」 5年半密着のドキュメンタリー映画を振り返る

6/21(金) 0:00配信

KAI-YOU.net

2013年から2019年の5年半もの間、俳優・山田孝之さんに密着し続けたドキュメンタリー映画『No Pain,No Gain』のBlu-rayが、7月1日(月)に発売される。

【画像】インタビューに答える山田孝之

2時間ほどの劇場上映版を新たに編集した完全版として、240分という大ボリュームの映像となる。

総撮影時間が500時間を超える大作について、山田孝之さんが改めて作品を振り返る公式インタビューを公開する。

連日満席の注目作品

山田孝之さんの5年半を追ったドキュメンタリー映画『No Pain,No Gain』は、4月27日より新宿シネマカリテ1館のみで上映。レイトショー限定上映にも関わらず、上映開始前日に行われた先行上映会を含め10日間連続で満席となった。

30歳を越えて人生の岐路に立った一人の男=山田孝之が「死ぬまでの人生、後悔しないよう生きるには何をすべきか?」を見付けるため、貪欲に未知なる挑戦を続けた様が描かれている今作。

観た人からは「苦悩や葛藤この人の魅力が全部出てた。そりゃドラマや映画見て惹きつけられる訳だ」「山田孝之のドキュメンタリー映画であり、生き様を表す映画だった」と、山田孝之という1人の人間の生き方に圧倒された感想が多く聞こえている。

なぜ苦悩する姿をも見せようと考えたのか?

ドラマや映画、舞台で様々な人間を演じてきた山田孝之さん。

役柄ではなく本人自身、そして華やかなだけではない自身の苦悩や葛藤をも描いたこの作品を山田孝之さん本人が振り返るインタビューが届いている。

──密着取材の期間が5年間と相当長い期間でしたが、今改めて振り返って、撮影された立場として当時どういうお気持ちでしたか?

山田孝之さん 最初は5年間というのは決まっていなくて“密着する”ということだけ決まっていたのですが、この企画を聞いた時期は、自分の中でいろいろな仕事をやっていこうという思いがあったので、それを密着してたくさんの人に見てもらえたら楽しんでもらえるんじゃないかなという思いでした。

密着してもらっている中で、苦悩する姿などもカメラに収められていますが「こういう姿を見てもらうことで、勇気が出てくる人もいるかもな」という思いが出てきました。

──完成した映像はご覧になりましたか?

山田孝之さん はい、観ました。観て感じたことは、仕事を減らした方がいいなって(笑)。試写のときに抽選に当たったファンの方もいたんですけど、映画が終わったあとファンのみんなが「休んでください」って言ってくださいました(笑)。「しばらく見れなくてもちゃんとファンでいるので休んでください」って(笑)。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 0:00
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事