ここから本文です

本当の「強制連行」を忘却した韓国の本音

6/21(金) 12:15配信

Wedge

 韓国の熟年層以上の人であれば誰でも知っている『断腸のミアリ峠』という歌がある。朝鮮戦争(1950-1953)から3年後の1956年に発表され大ヒットした歌で、韓国において長い間、愛されてきた「国民歌謡」の中の一つだ。この曲が愛された理由は、その歌詞の「リアルさ」が韓国民の心に響いたからだ。次のような歌詞である。


 「断腸の彌阿里(ミアリ)峠」

  断腸の彌阿里峠
あの人が越えて行った 別れの峠
火薬の煙が前を塞ぎ、目を開けず さまようとき
あなたは有刺鉄線で二つの手をしっかりと結ばれたまま
振り返り また 振り返り 裸足の足を引きずりながら
連れていかれるこの峠 恨みの多い 彌阿里峠

韓国歌謡「断腸の彌阿里峠」(1956)
作詞:半夜月 作曲:李在鎬 歌:李海燕

 ミアリはソウルの東北部にある地名で、過去には北朝鮮とつながる道があった。北朝鮮は朝鮮戦争でソウルへ侵攻するときも、後退するときも、ここを通って移動した。歌詞の内容は朝鮮戦争中にソウルを占領していた北朝鮮軍が連合軍の反撃に遭い後退していくときに、ソウルから政治家、学者、技術者、宗教家、芸術家、などを大勢、強制的に北に連れて行ったのだが、そうして連れていかれる人の心情を歌ったものだ。まさに「強制連行」の被害を歌っているものだ。

戦時中、南のエリートたちを虐殺、強制連行した北朝鮮

 北朝鮮がどのようにして強制連行したのかについては、たくさんの証言と記録が残っている。例えば次のようなものである。

  9月12日から西海岸一帯で国連軍による大々的な爆撃が強行され15日から仁川 上陸作戦の前哨戦が繰り広げ始め、これに慌てた北朝鮮軍はこの夜から、各刑務 所に秘密監禁され収監中だった人々を皆次々と縛りミアリ峠と永川峠の二手に分 かれ北朝鮮へと拉致を始めた。

 そして病気で歩けない人は、それぞれの刑務所、各監禁所の中で、または山に 連れて行って、そのまますべて射殺してしまった。このとき射殺された人は金允 實(牧師)、 全仁善(牧師)、姜遂昌(警官)、朴潤準(言論人)等、数百人にのぼる。

議政府方面に連れていかれた人の中には朴俊植 (検事)、李愚卿(判事)、鄭義和(判 事)、李春根(軍人将校)、林聖大(警官) 、崔杯(内務長官秘書)、許南洙(国会総務課 長)、文澤圭(弁護士)、 林俊洙(法官)、李福本(演劇俳優)など3000人にのぼった。

                        東亜日報 1962年4月3日


 朝鮮戦争前、そして戦争中、自ら北に渡って行く人も少なくなかった。彼らのうちの多くは南側に居た社会主義者、共産主義者であった。だが彼らとは違い「自分の意志に反して」北朝鮮に連れていかれた人たちも間違いなく存在する。

 彼らは韓国では「戦時拉北者」と呼ばれている。韓国政府の統一部は、朝鮮戦争中北朝鮮に連れていかれた人は10万人と推定している。彼らの大部分は南に戻ることなく、北朝鮮で処刑されるなどし、死亡した。

 70~80年代。私がまだ幼かった時節であるが、その頃を考えてみても「拉北」という言葉はニュースやテレビドラマなどで時々耳にすることがあり、それは身近な問題だった。朝鮮戦争を実際に体験した人たちがまだ中高年層として社会に影響力を持っており、拉北者家族たちも多かったためだろう。

 だが、時間が流れ北朝鮮と協力、共存を訴える文在寅政権になった今日、マスコミでも学校教育でも日常生活でも、それは死語となり、あったことすらも半分忘れ去られたような存在になってしまった。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 12:15
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年8月号
7月20日発売

定価540円(税込)

■特集 ムダを取り戻す経営――データ偏重が摘んだ「創造の芽」
■ケータイ業界はぬるま湯体質を打破できるか
■ホルムズ危機で露呈 脆弱なエネルギー安保

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ