ここから本文です

「ハチミツ」がもたらす5の美容効果

6/21(金) 12:17配信

ウィメンズヘルス

多くの化粧品にも使われている蜂蜜だけど、一体どうして? 蜂蜜の持つ美容効果について、アメリカ版ウィメンズヘルスが専門家に話を聞いた。

【動画】顔色もスッキリ!頭の疲れをほぐす簡単マッサージ

「蜂蜜には、創傷治癒効果があります」と話すのは、エール大学の皮膚科学で臨床医学准教授を務めるモナ・ゴーハラ医学博士。さらに、コラーゲンの生成を助けるので、アンチエイジングの効果もあるそう。

さらに「蜂蜜には、防腐作用、殺菌効果、抗炎症作用があります」と話すのはニューヨークの皮膚科外科医、デンディ・エンゲルマン医学博士。

しかし、スーパーに売られている蜂蜜全てが、肌トラブルを解決してくれるわけではない。蜂蜜や蜂蜜コスメを取り扱うブランド「Beekeeper’s Naturals」の創立者、カーリー・ステインが言うには、低温殺菌処理をされていない「ローハニー(未加工の生蜂蜜)」を選ぶべきとのこと。特にステインが勧めるのは、抗酸化物質が豊富な「そば蜂蜜(そばの花からできた真っ黒な蜂蜜)」。

保湿

「保湿効果と鎮静作用があるローハニーが、肌に潤いを与え、柔らかくてツヤのある肌にしてくれます」と話すのは、有名なフェイシャリストであり「Ildi Pekar Skin Care」の創立者であるイルディ・ピーカー。「蜂蜜に含まれる糖は、自然な湿潤剤や皮膚軟化剤と同様の働きがあり、肌の水分量を増やして、洗顔後でさえも、肌の乾燥を改善する効果があります」

コラーゲンの生成を手伝う「ローヤルゼリー」や、抗炎症作用や殺菌作用が強い(ニキビができやすい肌にも◎)「プロポリス」、もしくは、毛細血管を丈夫にする、ルチンと呼ばれる化合物を含む「ビーポーレン」を取り入れると、効果は倍増するとか。

<やり方>
ローハニーを直接肌に塗り、長くて20分ほど置いたら、水で洗い流す。

肌にやさしい角質ケア

ステインいわく、ローハニーは、時間が経つにつれて白く結晶化するため、小さな顆粒が角質落としとして機能するという。固まっていたローハニーが、水と肌の体温に触れて溶解したら、スクラブとして活用する。刺激が強い市販の角質落としよりもずっと肌にやさしいそう。また、抗菌作用があるので、毎日顔に使用しても問題ないとのこと。

<やり方>
手のひらに蜂蜜をのせて、指でこすりながら温める。溶けてきたら直接肌に塗り、円を描くようにやさしくマッサージ。数分置いたら、濡れたタオルで拭きとって。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 12:17
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

ウィメンズヘルスの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事