ここから本文です

なぜロドリは1年で出て行くのか?アトレティコが置かれる微妙な立場

6/21(金) 21:04配信

footballista

ロドリ、マンチェスターC移籍間近

 昨夏やって来たばかりのロドリが、たった1年でアトレティコ・マドリーを去ることになりそうだ。行先はマンチェスター・シティが濃厚で、6月30日を過ぎれば違約金7000万ユーロ(約85億円)が支払われる予定で、正式発表はその後となる。

 ロドリの移籍は、クラブが苦しむ2つの問題を象徴するものである。

 1つ目は財政的な問題。アトレティコ・マドリーは13位という売上高(『フットボール・マネーリーグ2019』より)が示す通りの位置付けのクラブである。上位8、9のCL優勝を目指すクラブの1ランク下であり、今回のように上位クラブに違約金を支払われたり、引き抜きを掛けられたりすると、財政的に対抗できない。バイエルンは違約金を払ってリュカ・エルナンデスを強奪していったし、グリーズマンのように無理に高給で引き止めても、財政圧迫により1年でやはり手放さないといけない羽目になる。

 グリーズマンの違約金は1億2000万ユーロ(約145億円)と言われているが、それはそのままジョアン・フェリックス(ベンフィカ)獲得の資金に費やされる見込み。世界王者グリーズマンと19歳のフェリックスが同額ではどう考えても釣り合わないが、それが異常なインフレが続く今の移籍市場であり、アトレティコ・マドリーはそれに翻弄されているように見える。実際、昨夏はトマ・レマールに7000万ユーロというクラブ史上最高額を投じて期待外れに終わっている。

CL参戦以上、CL優勝未満

 2つ目は、サッカー的な問題である。シメオネ監督のディフェンシブなスタイルは、アトレティコ・マドリーをスペイン第3のクラブに定着させ、CL参戦の常連クラブとした。だが、それが足かせにもなっている。

 レマール同様、マンジュキッチ、ジャクソン・マルティネス、ラウール・ヒメネス、ビエット、カラスコ、ガイタン、ガメイロ、ビトロ、ジェルソンら攻撃タレントが次々とやって来たが、彼らにも守備をさせるやり方にこうした選手たちは馴染めず、出て行ったり燻ったままとなっている。

 ロドリはよく適応した方だが、グアルディオラに指揮されることを選んだ。守備意識が高まりボール回復力では傑出したものを見せたものの、前にパスの受け手がいないから攻撃的なセンスが生かせない。トーマスやサウール、コケとダブルボランチを組むことが多かったが、シティのようなポゼッション志向のチームなら1ボランチを任され、その分ボールタッチもパス本数も増えるに違いない。

 思えば、グリーズマンが出て行く決断をしたのも「上を目指したから」だった。CL参戦以上CL優勝未満――微妙な立ち位置でアトレティコ・マドリーが揺れている。

最終更新:6/21(金) 21:04
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事