ここから本文です

F1第8戦フランスGP、スペック3のパワーユニットを投入するホンダは打倒トップ2なるか!?

6/21(金) 15:18配信

Webモーターマガジン

エンジンパワー、パフォーマンスの最適化がポイント

2019年6月21日、F1第8戦フランスGPが開幕する。ヨーロッパラウンドの本格的な幕開けを告げるレースであり、7週間で5グランプリが開催されるハードスケジュールの始まりとなる重要なレースでもある。ここで流れをつかむことができれば一気に上昇することが可能となる。

【写真】コース図やタイヤ選択表などをもっと見る

フランスGPの注目は、メルセデスAMGの連勝を止めることができるかだろう。カナダGPではフェラーリが速さでメルセデスを上回り「主役交代」を予感させたが、メルセデスAMGも警戒感を強めており、このフランスGPは今後を占う意味でも重要なレースとなりそうだ。また、ホンダもスペック3のパワーユニットを投入することを明らかにしており、どんなパフォーマンスを発揮するか興味深い。   

フランスGPが開催されるポールリカール サーキットは、かつてトヨタF1チームが前線基地と位置付けていたことでも知られるとおり、クルマの開発や競技にあわせて自在にレイアウトを変更できる(167通りも)など、テストにはうってつけのコースとなっている。

フランスGPで使用されるのは全長5.842kmのレイアウト。4本のストレートに、タイトな低速コーナー、長く回り込むような中速コーナー、超高速コーナーなどさまざまなタイプのコーナーが配されており、パワーユニットの最適化が重要となっている。

エンジン全開率が高く、ブレーキへの負担も大きく、また、突発的な風が吹き付けることでも有名で、エアロダイナミクスに神経質なF1マシンにとってはこの風も大きなポイントとなる。ちなみに、ストレートの名称につけられた「ミストラル」とは「フランス南東部に吹く強い北風」だ。

また、ランオフエリアが広いのもこのサーキットの特徴。ドライバーは思い切ってコーナーを攻めることができる。ランオフエリアの赤と青のカラーはサンドペーパーのような素材で塗られたもので、バリアにヒットしないようにクルマを減速させる効果を持つ。赤はとくに摩擦係数が高い。

もうひとつのポイントは昨年ほぼ全周が新しく舗装された路面状況。そのため路面は非常に滑らかで、タイヤの劣化は少ないと思われるが、この時期の天候のせいで熱さの影響は受けそうだ。

昨年のフランスGPは、セバスチャン・ヴェッテル(フェラーリ)とバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)がスタート早々に接触、ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が快勝している。ハミルトンはワンストップ戦略だった。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 15:18
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事