ここから本文です

『成婚前の肉体関係はNG!女性の価値を高めて男性を虜にする掌握術』植草美幸

6/21(金) 21:20配信

with online

興味をそそられる犯罪史に残る魔性の女

こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

婚活を利用した事件は大なり小なりいつの時代もあるけれど、2009年に起こった結婚詐欺・連続不審死事件は、婚活アドバイザーをしている私にとっても衝撃的で10年経った今でも鮮明に覚えているほど。お世辞にも美人とは言い難い木嶋佳苗死刑囚に、何人もの男性が心を奪われた理由は何だったのか。殺人まで起こしてしまう強欲さはさておき、男性を動かす掌握術は、同じ女性として興味を抱いた人も多いのではないかしら。

【婚活戦略女子】記事一覧はこちら

そして先日、獄中再々婚したことがニュースになったことで、再び興味が。さまざまな記事の中には、SEXが上手かったのではないかというようなものもあったけれど、獄中では肉体関係を結ぶことはできません。女性は男性から求められると「嫌われたくないから」と応じてしまう人も多いけれど、SEXをしなければ相手を繋ぎとめておけないということはないことがこの事例でも分かるわよね。

結婚相談所にある成婚前の肉体関係禁止は女性を守るルールのひとつ。結婚相談所に限らず、婚活中の恋愛においては自分の価値を下げないためにも簡単にカラダを許してはダメなの。今回はこんな男性は即却下! 初デートで男性に肉体関係を迫られた女性のマッチングケースをご紹介します。

CASE 女性33歳・会社員 × 男性40歳・公務員

この女性はマリーミーに入会して2カ月。何度かお見合いをしたものの手ごたえを感じられずにいた頃、マッチングが成立したのがこの男性。ちょっと年上だけれど、真面目な雰囲気で条件も申し分ない男性に女性は次こそと思っていたはず。

初対面でカラダを求める男性は即却下

ところがお見合い当日、ホテルのラウンジでお茶をしていると男性から「パイズリをしてもらえますか」と言われて、女性は「できることは致します」と答えたというの。傍から見ればちょっとおかしなこの会話。女性はこれまでの婚活がなかなか上手く行かず焦っていて、男性の要望に応えることが結婚できる近道だと思ってしまったのね。

男性はこれでスイッチが入ってしまったのか、帰りのエレベーターでキスを迫ってきたといいます。実はこの女性、一目でわかる巨乳の持ち主。男性の目が行くことは十分承知していたので、お見合い前から「成婚前の肉体関係は禁止よ」と念を押しておいたから、女性も我に返って振り切って帰ってきたわ。その後、先方の結婚相談所にクレームを入れたのは言うまでもありません。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 21:20
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事