ここから本文です

岡田准一さんのアクションはカメラが追いつかないほど!監督が語る裏話【『ザ・ファブル』試写会レポート】

6/21(金) 18:18配信

webマガジン mi-mollet

累計400万部の大人気コミック『ザ・ファブル』が豪華キャストとスタッフでついに映画化。息をのむ世界基準のキレッキレアクション、男たちの仁義と友情、恋愛未満の純情胸キュンetc.……大人の女性にも見ごたえ抜群の話題作なのです。あまりに盛り上がった、ミモレ読者限定の試写会イベントをレポート。江口カン監督とプロデューサーから撮影裏話もたっぷり伺いました。

レディー・ガガによるテーマソングと 超有名コレオグラファーによる圧巻アクション

本作の主人公・佐藤アキラは、どんなターゲットも6秒以内に仕留める"ファブル"と呼ばれる伝説の殺し屋(岡田准一さん)。人を葬り続ける殺し屋の彼に与えられた、新たな指令はなんと「1年間誰も殺さずに普通に暮らすこと」だった……。
共演は木村文乃さん、山本美月さん、福士蒼汰さん、柳楽優弥さん、向井理さん、佐藤二朗さん、安田顕さん、佐藤浩市さんと、主演クラスの豪華キャストぞろいの面でも話題です。

人気マンガや小説を映画化するハードルの高さは、よく耳にしますよね。渥美さんから江口監督にも、さっそく『ザ・ファブル』を映画化するにあたって、変えたこと、変えなかったことについて、質問がありました。

「主人公は誰にも気づかれずに命を葬る、プロの殺し屋じゃないですか。そのプロぶりを追及していくと、誰にも気づかれない=地味な場面展開になりますよね(笑)。映画ならではの華として、アクションを派手に!!というのは最初からありました。プロデューサーの宇高さんからも、キラーショットになるようなアクションシーンをと、リクエストされていましたね」と江口監督。

実は今回のアクションシーンのコレオグラファー(振付師)は、『ボーン・アイデンティティー』『96時間』シリーズに参加したファイトコレオグラファー、アラン・フィグラルズ氏なのです!!

渥美さんからは、「アクションの質もボリュームもすごかった。まさに世界基準の度肝を抜くハードなアクションの連続と、そのピンと張った緊張感の中にあるコメディっぽい笑いのギャップもすごく魅力。原作にはないけれど、アキラが殺し屋として成長するのが必然だと思わせるような、普通ではない子ども時代。そこも意味があるというか、とてもよかった。アキラの自覚なき不憫さっていうのか、まるで野生のエルザみたいな……!」

「渥美さん! ぼくのなかで主人公アキラの裏テーマは、野生のエルザなんですよ! だからそう言ってもらってすごくうれしい」と江口監督も興奮ぎみ。

1/4ページ

最終更新:6/21(金) 18:18
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事