ここから本文です

濱田龍臣&潘めぐみ、ウルトラ愛! 対談 後編

6/21(金) 12:00配信

Animage Plus

ラストメッセージ

メッセージ!   

ーー 最後に、ファンの方達へメッセージをお願いします。

濱田 僕が小さい頃から、ずっと光をもらっていたのがウルトラマンシリーズで、それに自分自身がならせていただいたということで、今度は僕が皆さんに光をお届けできるように、これからも邁進していきたいと思います。本当に、どんなにおじいちゃんになっても「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」っていう気持ちで頑張っていきたいと思うので、これからも末長くよろしくお願いいたします。

潘  私も僭越ながらウルトラマンとして変身することができました。本当に夢って叶うんだな、ということをウルトラマンにまた教えてもらったし、なんかウルトラマンって、憧れだけじゃなくて、何度も人の人生を変えてくれる存在だなって思うんですよね。辛い時には助けてくれたりとか、心の中には小さい頃の思い出としてもずっと残っているし。なので、私自身も皆さんにとってそういう存在であり続けたいと思いますし、でもこれからも1ファンとしてい続けたいし(笑)、皆さんと一緒に、ウルトラマンシリーズを楽しんでいけたらと思います。

ーー つるの剛士さんもおっしゃってますよね。「一生ウルトラマンだ」って。

濱田 そうですね。「ジジイになってもどうにもならねぇ」って(笑)。

潘  「ジジイになってもどうにかなるかもしれない」しね(笑)。

濱田 以前舞台挨拶で、「80年後もウルトラマンをやっていたいです」って言ったことがあって。皆さんのリアクションは「あ、あぁ」って(笑)。でも本当に、どれだけヨボヨボになっても変身し続けます!  昭和のウルトラの先輩方も今も頑張っていらっしゃるので、僕も負けないように背中を追いかけて、追い抜いていきたいと思うんですけど、なかなか大きな背中なので越えられないですね。きっといつか!

潘  周年とかもあるからね。

濱田 そうですね、それが今から楽しみで楽しみで。

ーー その時はペガも!

潘  かならず! リクの影であり続けたいと思います。

阿部 雄一郎

2/2ページ

最終更新:6/21(金) 12:00
Animage Plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事