ここから本文です

オマーン湾タンカー襲撃は米国の策略か?

6/21(金) 6:00配信

JBpress

 安倍晋三総理がイランを訪問している時に、ホルムズ海峡でタンカーへの攻撃が起こった。

 攻撃を巡っては、米政府は「イランに責任がある」と主張した。米中央軍は、吸着型の爆発物が使われたと断定し、当日の午後4時頃革命防衛隊が小型ボートを国華産業が運行するタンカーに横づけし、不発の爆発物を回収したとする映像を公開した。

 マイク・ポンペオ国務長官は「今回の襲撃は、イランが扇動した一連の攻撃の最新事例にすぎない」と批判した。

 これに対し、イランは、攻撃を否定している。イラン外務省の報道官は、「このような不幸な事件の責任をイランに押しつけるのは、ポンペオ長官の自分勝手なやり方だ」と関与を否定した。

 タンカーを運航する国華産業の社長は、「何者かによる攻撃を2回にわたって受けた。2回目の攻撃の際、複数の乗組員が飛来物を目撃。それによって船体に穴が開いた」との報告を受けたと述べている。

 日本のタンカーと同時期に攻撃されたノルウェーのタンカーの船長は「おそらく、魚雷攻撃だ」と無線で話した。

 この事件を、軍事的合理性から見ると、納得できない軍事情報が多すぎる。そこで、今回は、確認できるいくつかの軍事情報だけを使用して、何が事実で何が疑問なのか、何が誤りなのかを客観的に分析し検証したい。

 特に、注目しているのは、以下の3点である。

 (1)日本のタンカーだと分かっていて攻撃したのか
(2)爆破物によってタンカーに開けられた2つの穴
(3)米国が公開した爆発物回収とされる船艇の特色

■ 1.日本のタンカーと分かって攻撃したのか

 被害を受けたタンカーは、日本の国華産業所有の船であるが、パナマ船籍である。名称は、コクカ・カレイジャス(Kokuka Courageous)という名だが、パナマの国旗を掲げていたはずだ。

 そのために、この船が日本の企業の所有だとは分からなかったと考えるかもしれない。だが、船名を望遠鏡で見て、インターネットで調べれば、どこの会社の所有物かは分かる。

 軍が、衛星通信を傍受し、どこの会社と交信しているのかでも分かる。この船が、日本の会社の所有物と分かって攻撃したと考えるのが妥当であろう。

 私は、日本が狙われたことは間違いなく、安倍総理のイラン訪問に合わせて実施されたと見ている。

■ 2. 日本タンカーが攻撃されて空いた穴

 (1)2つの穴の形状などの特色は

 船体にある爆破痕は、船体の右側にある。つまり、約180キロ離れたオマーン側に面している。約20キロしか離れていないイラン側ではない。

 イランの革命防衛隊が、米海軍や各国海軍艦艇が多く存在する海域にあえて出て、爆破活動を行うだろうか、大きな疑問だ。

 私だったら、米国軍が監視しにくいイラン側から、薄暮から夜間にかけて爆破活動を行う。

 米国防省公表の左側の穴は、縦長で、その周りに小さな穴がいくつか空いている。その高さは、水面から約50センチだ。

 その周り、特に上部には、爆破が起こった時の熱で船体のペンキが焼けたような、黒と灰色のまだらに変色している。

 右側の穴は、三角の形をしている。何かを取りつけたのではなく、穴が空いている。その高さは、水面から約1~1.5メートルだ。

 その周り、特に左の方に船体の色が濃い灰色から薄い灰色に変色している。爆破の熱で変色したものと思われる。

 AFPの写真には、Likely Mine(機雷のようだ)とコメントが書かれている。だが、映像を見る限り、機雷が取りつけられているようには見えない。

 爆発物が磁石などで取りつけられているようにも見えない。火砲、戦車や軍艦の専門家の意見を聞いたが、爆発の跡だという。

 つまり、2つの穴とも、爆発によって空いた穴だ。

1/4ページ

最終更新:6/21(金) 6:00
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事