ここから本文です

ウルグアイ相手に価値あるドロー! 森保監督が称賛したポイントは?【コパ・アメリカ】

6/21(金) 10:14配信

SOCCER DIGEST Web

「よくハードワークしてくれて、チャレンジしてくれた」

[コパ・アメリカ/グループステージ第2戦]日本 1-1 ウルグアイ/6月20日/ポルトアレグレ
 
 コパ・アメリカのグループステージ第2節、ウルグアイと対戦した日本は、2-2と引き分けて、勝点1を手にした。チリとの第1節を0-4で落としていたが、決勝トーナメント進出に向けて、大きな一歩を刻んだ。
 
 試合は25分、右サイドから仕掛けた三好康児が右足シュートでネットを揺さぶり、先にリードを奪う理想的な展開。チームとして今大会初ゴールを挙げて勢いに乗るも、32分に追いつかれる。自陣ボックス内でエディンソン・カバーニを止めようとした植田直通のプレーがVARによってPKと判定され、これをルイス・スアレスに決められてしまう。
 
 前半を1-1で折り返して迎えた後半、日本はやや押され気味だったが、59分に再び、三好が輝きを放つ。左サイドからの崩しに、相手GKがパンチングしたボールにすかさず反応し、今度は自慢の左足で押し込んで2-1とウルグアイを突き放す。
 
 しかし、66分、またも試合を振り出しに戻される。ニコラス・ロデイロのCKから、冨安健洋との競り合いを制したホセ・ヒメネスにヘディングシュートを許してしまった。
 
 その後も劣勢の時間が長く続いた日本だが、チーム全員が身体を張ってウルグアイの猛攻をしのぎ、難敵を相手に価値ある勝点1を掴んだ。
 
 試合後のフラッシュインタビューで、森保一監督は次のようにコメント。
 
「選手たちが勝ちたいという気持ちをプレーに表わしてくれたと思います。よくハードワークしてくれて、チャレンジしてくれて、勝てなかったのは残念ですけど、良い戦いをしてくれたと思います」
 
 貴重な勝点1を得た。「一戦一戦、持てるものをすべて出し切って戦うということで、次の試合に勝って、グループリーグを突破できるようにしたい」と言葉に力をこめる。最終節のエクアドル戦に向けては、「選手たちが持てるポテンシャルを個々で100パーセントを出すということと、チームとして、また2戦目より3戦目、良い戦いができるようにしたいと思います」と意気込みを語った。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

最終更新:6/21(金) 15:16
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ