ここから本文です

【J1展望】C大阪×磐田|決定力不足のC大阪、1か月以上白星なしの磐田…浮上のきっかけを掴むのは?

6/21(金) 19:13配信

SOCCER DIGEST Web

C大阪――個で打開できるソウザが切り札に?

J1リーグ16節
セレッソ大阪 - ジュビロ磐田
6月22日(土)/19:00/ヤンマースタジアム長居
 
セレッソ大阪
今季成績(15節終了時):10位 勝点20 6勝2分7敗 12得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●中断期間明けはリーグの鹿島戦、ルヴァン杯のFC東京戦で2連敗。
●直近の公式戦2試合は無得点。決定力不足を露呈している。
●筋肉系の問題で離脱していたソウザが全体練習に復帰。

【PHOTO】2019シーズンのJリーグを鮮やかに彩るチアリーダーたち

【担当記者の視点】
 代表マッチウィークの中断明け初戦となった15節・鹿島戦で敗れ(0-2)、ルヴァン杯のプレーオフステージ第1戦・FC東京戦も0-1で落とした。この2試合で見受けられた課題が決定力不足。決定機と呼べるチャンスを作りながらも、攻撃陣が決めきることができなかった。
 
 右膝の大怪我で負傷離脱した都倉が今季絶望となっているだけに、やはりB・メンデスらには結果が求められる。個で打開できるソウザが全体練習に復帰しており、ゴールが奪えない時間が続けば、切り札として起用される可能性がある。

磐田――ひと月以上も勝利なし。課題は決定力だ。

J1リーグ16節
セレッソ大阪-ジュビロ磐田
6月22日(土)/19:00/ヤンマースタジアム
 
ジュビロ磐田
今季成績(15節終了時):16位 勝点14 3勝5分7敗 11得点・16失点

【最新チーム事情】
●トゥーロン国際の決勝・ブラジル戦で、小川航が負傷。練習復帰まで3週間の見込み。
●水曜日のルヴァン杯はホームで札幌に1-2で敗戦。プレーオフ突破に黄信号。
●同試合に先発出場したロドリゲス、新里は今節も先発する模様。
 

【担当記者の視点】
 前節はG大阪にホームでスコアレスドロー。水曜日のルヴァン杯も札幌に敗れ、ひと月以上勝利から遠ざかっている。
 
 ただ、G大阪戦の前半は、攻撃的なサッカーで主導権を握った。ルヴァン杯の札幌戦も、シュートは相手の倍以上。課題は、決定力。チャンスに決め切ることか出来れば、内容も順位も好転する可能性はある。後半戦に向けて起爆剤となる勝利が欲しい。

最終更新:6/21(金) 19:13
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ