ここから本文です

【J1展望】神戸×大分|イニエスタ帰還で復調傾向の神戸が“躍進”大分を迎え撃つ

6/21(金) 20:46配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――フィンク監督は2戦目でどんな采配を振るうのか

J1リーグ16節
ヴィッセル神戸―大分トリニータ
6月22日(土)/18:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
今季成績(15節終了時):11位 勝点14 4勝2分8敗 20得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●前節のFC東京戦は1-0で勝利。
●ポドルスキが6月12日、中耳炎の手術を行なう。再来日は7月以降の見込み。
●今節はフィンク新監督就任後、初のホームゲームに。
 
【担当記者の視点】
 練習指導なしの“ぶっつけ本番”で臨んだフィンク体制初陣(15節)では、首位のFC東京を1-0で下し、復調のきっかけを掴みつつある。
 
 筋肉系のトラブルを抱えていたイニエスタが前節で復帰したのは、なによりの朗報。さらに前節欠場していたダンクレー(磐田戦でのハンドによる得点機会阻止)とサンペール(累積警告)も戦列に戻ってきた。今節は外国人出場5枠の活用は気になるところだ。ここまでリーグ戦5ゴールを挙げているウェリントンがメンバーから外れる可能性もある。
 
 戦術的柔軟性と分析力があるというフィンク監督が、2戦目でどんな采配を振るうのかも注目。特に藤本、オナイウら好調な攻撃陣をいかに抑え、また、どのように守備ブロックを崩すかは見逃せない。サイドアタックを巧みに取り入れる指揮官だけに、西と初瀬の左右のSBが攻撃の起点になれるかは、ひとつのポイントになるかもしれない。

【PHOTO】2019シーズンのJリーグを鮮やかに彩るチアリーダーたち

大分――4戦未勝利も、腰の引けた戦い方をすることはないだろう

J1リーグ16節
ヴィッセル神戸-大分トリニータ
6月22日(土)/18:00/ノエビアスタジアム神戸
 
大分トリニータ
今季成績(15節終了時):6位 勝点25 7勝4分4敗 17点・12失点
 
【最新チーム事情】
●連敗脱出するも、リーグ戦は4試合未勝利。
●川崎、FC東京、名古屋の上位3連戦は力量差が明確だった
●坂井はJ3群馬に期限付き移籍。
 
【担当記者の視点】
 前半戦の山場となった上位との3連戦は1分2敗。力の差を見せつけられたが、チーム内に悲観する空気はない。片野坂監督は「90分間粘り強く守って勝点を取るサッカーは目指していない」と断言し、「残留するためには主導権を持つサッカーを貫く」と語った。今週の練習でも崩しのバリエーションを増やすことに時間を割き、腰の引けた戦い方をすることは考えていない。
 
 今季は監督交代して間もないチームとの対戦が多く、相手を綿密にスカウティングして、1週間の練習で戦術に落とし込むチームとしては、今節の神戸戦はメンバーも戦い方も不透明でやりにくい相手。カップ戦を含め3度対戦しているが、毎回監督が異なり苦戦しそう。

最終更新:6/21(金) 20:46
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ