ここから本文です

元SKE48・矢方美紀が、がん治療で救われたこと、辛かったこと

6/21(金) 7:01配信

現代ビジネス

 著名人が自らのがんを世間に公表するケースが増え、ひと昔前に比べて「がん」は身近な病気になってきた。確かにがんで亡くなる人はいるけれど、治る人や治療を続けながらずっと人生を歩む人が増えているのが現状だ。

 そうであっても当事者と世間のがんに対する感覚のズレは、なかなか狭まらない。とくに若い年齢でがんになる人は少数派で、そのぶん戸惑いは多いだろう。元SKE48の矢方美紀さんもその一人だ。

矢方さんは、NHKで放送された番組「#乳がんダイアリー 矢方美紀」や自撮り動画の日記をもとに、当時を振り返りながら今の気持ちをまとめた著書『きっと大丈夫。~私の乳がんダイアリー~』(双葉社)を刊行している。そこには発覚した時のことからはじまり、治療のこと、家族や友人のこと、仕事のこと、未来のことが綴られている。

 誰にとっても「自分事」となってきたがんとの「感覚のズレ」を狭めるためにも、自身も乳がんサバイバーでがんの取材も多く手がける美容ジャーナリストの山崎多賀子さんが、矢方さんに周囲との関係で辛かったこと、嬉しかったことを率直に聞いた。

----------
矢方美紀(やかた・みき)1992年大分県生まれ。アイドルグループ・SKE48のメンバーとしてデビュー。「チームS」のリーダーを務めた後、2017年2月に卒業。ZIP-FM「SCK-サブカルキングダムー」のアシスタントのほか、テレビ番組やイベントでリポーターやナレーターとして活躍。現在は、自身の夢だった声優にも挑戦中。その他、自身の経験をもとにした講演や番組出演など、幅広く活躍している。5月2日にはNHK名古屋放送が追い続けた1年間のドキュメンタリー「26歳の乳がんダイアリー 矢方美紀」は放送された。初の著書『きっと大丈夫。 ~私の乳がんダイアリー』では、乳がんと聞いた時のことから治療のこと、そして現在に至るまで率直に綴るとともに、検診や病院選び、アピアランスサポートなどについても詳しく説明している。
----------

1/6ページ

最終更新:6/22(土) 0:16
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事