ここから本文です

木村了、高校生役は「アップだともうさすがにダメですね(苦笑)」

6/21(金) 17:16配信

ザテレビジョン

オトナの土ドラ「仮面同窓会」(毎週土曜日夜11:40-0:35、フジテレビ系)第4話が6月22日(土)に放送される。

【写真を見る】「仮面同窓会」囲み取材会見で笑顔があふれる溝端淳平

同ドラマは、雫井脩介の同名小説を原作に、溝端淳平演じる主人公・新谷洋輔ら同窓会で再会した高校時代の友人たち4人の仕掛けたいたずらが、不可解な殺人事件に発展。4人それぞれが疑心暗鬼に陥り、互いの腹を探り合い人生を狂わせていく姿を描く。

第4話では、事件の真相を巡り、洋輔(溝端)たちが互いに疑心が生まれつつある中、八真人(廣瀬智紀)のもとに樫村(渡辺裕之)の遺書と思われる手紙が届いたと連絡が入る。

洋輔たちはたまり場で手紙について考察を行うが、そのやりとりを、加奈子(雛形あきこ)がじっと耳を傾けていた。4人が何かを隠していることを悟った彼女は、和康に対してある行動を起こす、というストーリー。

今回、メンバーの中で最も洋輔を疑う人物、大見和康役の木村了のコメントが到着。刺激的な現場から和康を演じるヒントを見つけていることを語った。

■ 和康は一番の巻き込まれ型

――現場の雰囲気がとても活気があふれていると感じています。

(溝端)淳平がずっと話しているので、現場はいつも明るくて、でもビシっと締めるところは締めてという感じの雰囲気です。皆さんが出してくる芝居がとても刺激的で、自分のシーンがないときにも現場を見学しているととても面白いんです。

ふざけ合っているときも楽しいですし、お芝居のときでもいろいろなところに(和康を演じる)ヒントがあって、希一(佐野)は今こういう風に考えているんだ、なるほど、などそういうことが伝わってくる、とてもいい環境だと思っています。

――溝端淳平さんの印象を教えていただけますか?

淳平は昔から共演することが多い俳優仲間のひとりですが、あらためてこの作品についてもいろいろ話しましたし、地方ロケをした時には泊まりだったので、夜も遅い0時近くから、男たち4人で食事に行ってこの作品について話しました。

――あらためて和康を演じての印象を伺いたいです。

この作品の中で和康は一番の巻き込まれ型だと思っています。そしてとても普通な人で、どういう風に和康を表現したらいいのかその居方は難しいです。本当に普通にしていたらあまり存在感がない人ですし、あの4人の中ではどういうポジショニングでいればいいかというのは、常に考えています。

――和康は、同級生との関係性を一番大切にしている人物だと思いました

洋輔が帰って来るまでの10年間を希一と八真人(廣瀬)の3人で過ごしていたので、この3人の結束が自分の居場所であり、そこにしか行き場所がないのだろうと思います。

和康はきっと、希一と八真人を家族よりも大事と思っていて、良い意味で“鉄の結束”が和康を生かしてきたと思っています。洋輔(溝端)も最初は家族だと思っていたのに、町を離れた瞬間に僕たちを捨てたという気持ちが強いんです。でも不思議なことに、高校の頃から洋輔とは一つ距離を置いていたような気がします。

■ 僕たちもいい作品を作る

――数々の学園ドラマにご出演されていた木村さん。回想シーンで、今も制服を着て高校生役を演じられることについて、どう思われますか?

今回、いい感じで引きで撮ってくださっているのが救いかなと思っています。アップだともうさすがにダメですね(苦笑)。でも、久しぶりに制服を来て演技をすると若返ったような気がしたんですが、時間が経つとそんなこともなかったかな。やっぱり年相応に疲れるんだと思いました(笑)。

――キャスト、スタッフが一丸となって斬新なものを作ろうとしているのを肌で感じています。

僕たちもいい作品を作る、それに向けて頑張っています。テンポ感もいいですし、スリリングな映像も撮れていると思いますし、いやもう、全部いい映像が撮れてるんじゃないかと思うぐらいです(笑)。

実は僕、ミステリアスなお話をやるのは初めての経験なので、視聴者の方もハラハラしながら見てくださるといいなと僕自身が期待しています。1話ごとにいろいろな伏線が張られていて、それを見逃さずに見ていただけると、最終話のときにとてもスッキリしますし、いい意味で裏切られるのではないかと思います。

――4話以降も、見逃せないです。

はい。オトナの土ドラの全8話というのは、(「仮面同窓会」のストーリーには)とてもいいサイズ感だと思います。この1本の線を8話まで続けていくという面白さが、脚本のこだわりからもひしひしと伝わってきています。ぜひ、これからも楽しみにしていてください!(ザテレビジョン)

最終更新:6/21(金) 17:16
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事