ここから本文です

植田直通の足裏がカバーニ直撃! VARでPK献上シーンに海外注目「この判定に同意?」

6/21(金) 9:24配信

Football ZONE web

植田の足裏がカバーニをヒット、VARで一転してPK判定となり同点ゴール献上

 森保一監督率いる日本代表が、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦。MF三好康児(横浜F・マリノス)の一撃で先制した日本だが、前半29分にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が相手FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)を足裏でキックしたとして、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックでPK判定となり、同点ゴールを奪われた。

【画像】ノーファウルから一転、VARでPK判定! 日本代表DF植田直通、ウルグアイ代表FWカバーニの右足をキックした決定的瞬間

 前半25分、カウンターからMF三好が鮮やかなゴールを決めて日本が先制。しかし、同29分に植田が自陣ペナルティーエリア内でカバーニと接触した。そのままプレーは続行されたが、直後に主審が試合を止めてVARの確認が入り、一転してPK判定となった。

 浮き球を拾いに行ったカバーニに対して植田が素早く寄せてブロックしたかに見えたが、植田の足裏がカバーニの右足をヒット。カバーニはそのまま悶絶し、ピッチに倒れ込んでいた。

 この接触の瞬間を衛星放送「FOXスポーツ」アルゼンチン版が速報。植田の足裏がカバーニを襲う瞬間を捉えた決定的シーンとともに、「あなたはこの判定に同意?」とファンに意見を求めた。

 最終的に植田にはイエローカードが提示。相手FWルイス・スアレス(バルセロナ)にPKを決められ、1-1のまま前半を折り返した。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/21(金) 13:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事