ここから本文です

ウルグアイを追い詰めた“三好劇場” 海外メディアも熱視線「日本人で初となった」

6/21(金) 18:10配信

Football ZONE web

2ゴールを決めた三好に称賛の嵐 「突出した夜を過ごした」

 日本代表MF三好康児(横浜F・マリノス)は現地時間20日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦のウルグアイ戦に先発出場し、2ゴールを記録。2-2のドローに貢献している。優勝候補を相手に大車輪の活躍を披露した三好に対し、海外メディアが大々的にスポットライトを当てている。

【動画】三好がウルグアイ相手に衝撃の2ゴール! 華麗なドリブル突破からの“右足弾”&殊勲の2点目を決めた瞬間

 17日のチリ戦(0-4)から6人のメンバーを入れ替えた日本は、三好を2列目右サイドで起用。すると前半25分、早速その期待に応えてみせる。MF柴崎岳(ヘタフェ)のロングフィードに抜け出した三好は、果敢なドリブルでペナルティーエリア右へ侵入。対峙したDFディエゴ・ラクサール(ACミラン)を振り切ると、そのまま右足を一閃し、シュートをネットに突き刺した。

 前半32分にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が与えたPKを、エースFWルイス・スアレス(バルセロナ)に決められるも、1-1で迎えた後半14分、日本のテンポの良いパスワークから最後は再び三好が押し込み、勝ち越しゴールを奪うことに成功する。同21分にCKからDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)にヘディングを叩き込まれ、試合は2-2のドローで終えるも、大会屈指のタレントを誇る強敵ウルグアイを相手に貴重な勝ち点1を手にした。

 三好が披露した圧巻のパフォーマンスに海外メディアも注目。スペイン紙「AS」コロンビア版は「日本の三好康児」と見出しを打って報じており、「22歳のアタッカーはアレーナ・ド・グレミオで突出した夜を過ごした」と絶賛。「三好は代表のアンダーカテゴリーで豊富な経験を積み重ねてきた。2015年に川崎フロンターレでキャリアをスタートさせ、現在は横浜FMに在籍している」と細かく紹介している。

 コパ・アメリカ公式ツイッターも「コパ・アメリカにおいて、ウルグアイを相手に対し、三好は元アルゼンチン代表FWルシアーノ・フィゲロア以来となる2ゴールを決め、日本人で初となった」と説明し、堅守ウルグアイを相手に2ゴールを決めた快挙を説明した。また、ペルーラジオ局「RPP」は「三好がウルグアイを“破壊した”」と大々的に取り上げている。ウルグアイに決めた2ゴールにより、三好の名は瞬く間に世界に轟くこととなっているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/21(金) 21:24
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事