ここから本文です

「会社でキレる人」が生産性を下げる科学的根拠

6/21(金) 5:40配信

東洋経済オンライン

なぜ本当にできる人は、不機嫌にならないのか?  「職場の無礼さ」の研究に20年を捧げた著者の集大成となる『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』が6月21日から電子書籍で先行配信となる。このたび本書の翻訳を担当した夏目大氏が、なぜ「いま」日本人にこの本が役に立つのかを解説する。

この記事の写真を見る

■怒りで人を支配するという時代遅れの考え方

 最近、プロ野球のある有名選手が、少年野球の現状に苦言を呈した。

 「指導する大人が暴言や罵声を浴びせながら教えている。子どもはできないのが当たり前なのに、それを怒るのはおかしい」と。

 私の子どもの頃ならば、怒鳴り散らして教える鬼コーチを「おかしい」と言う人はほとんどいなかった。何しろスポ根全盛の時代だ。漫画やドラマの世界にも「怒鳴られ、時には殴られながら、選手たちは成長していきました」という物語が多くあったし、現実にもそういう逸話が語られ、非難されるどころかむしろ称賛されていたように思う。

 少年野球と同じようなことは、日本の駅やお店、会社のなかでいまも見られる。

 仕事ができない部下を叱責する上司、接客が不十分な店員を叱る店長、駅の混雑のさばきが適切でないと駅員に詰め寄る乗客など、きっとあなたも、目にしたことがあるだろう。

 しかし時代は変わった。怒ったり怒鳴ったりすることに何の意味がある?  もちろん殴るなんてもってのほか、という意見に耳を傾け、賛同する人が増えたように思える。

 「人を従わせようと望む者は、命令の仕方を知る必要がある」「愛されるよりも恐れられるほうがはるかに安全だ」。これは、目的のためならどんな手段も辞さない冷徹な人の代表格と見なされているマキャベリの言葉である。

 確かにマキャベリの言うことは長い間、真理であった。そういう時代が太古の昔からつい最近まで、長い長い間、続いてきたのだから、いまでもマキャベリの言うとおりだと思う人がいても不思議ではない。しかし、現代社会ではもう、過去の常識は通用しなくなっている。

マキャベリのようなやり方はもう古い。現代社会において大切なのは「礼節(Civility)」だと述べるのが、ここで紹介する本、『Think CIVILITY』だ。

1/3ページ

最終更新:6/21(金) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事