ここから本文です

ルート極秘、米国の荒野を走る「核廃棄物」列車

6/21(金) 5:50配信

東洋経済オンライン

 2011年3月11日、東日本大震災の津波によって福島の原子力発電所が壊滅した。日本において福島原発の廃炉に向けて懸命な努力がなされている最中、9月12日フランス・マルクールでは核廃棄物処理施設の爆発事故、11月8日正午ごろにはアメリカ・アイダホ州で被曝事故、と相次いで核関連施設内で重大事故が起きた。

【写真】米国の荒野を走る「核廃棄物」輸送列車をカメラに収めた、重武装の要員も同乗

 このアイダホの事故は、10数人が猛毒のプルトニウムに被曝した。事故の原因はアメリカ・エネルギー省管轄のアイダホ国立研究所の実験用原子炉の廃炉処分中で誤って格納容器のふたを開けたことによる。原子炉は27年前の1992年に停止、その後廃炉処理が継続して行われていた。

■事故の1カ月前に撮影

 アイダホ国立研究所はアイダホ州アトミックシティーの近郊にある。また、ここから40マイルほど(約65㎞)離れたアルコ町は世界で初めて原子力発電による民生用電力で電灯を灯したことでも有名である。すなわちこの付近は、原子力発電に携わっている地帯となっている。

 さて、この実験用原子炉は停止後、解体が進んでいる。ここで使用されたプルトニウムの処分は、この研究所外で行われている。だが、処分場所は明らかにされていない。

 核廃棄物の多くはネバダ州で処分されていると言われているが、定かでない。処分する物質は民間人に被害を与えないように、また、核搭載兵器への転用が図られないように厳重に管理されている。このアイダホ国立研究所は内陸部に建設されているため、研究所外に運び出される核廃棄物は陸上輸送に頼ることになる。その陸上輸送を担当しているのがユニオンパシフィック鉄道である。

 写真は核廃棄物を処理施設まで輸送する特別列車である。筆者の知人であるT・ウェイト氏が、事故が起きるおよそ1カ月前となる2011年10月1日に撮影した。

 4400馬力のディーゼル電気機関車・形式C44ACの牽引する6両編成の列車はアトミックシティーを出発して、ブラックフットでかつてはイエローストーン国立公園まで旅客列車を走らせていた支線に入り、ポカテッロでポートランドとソルトレークシティーを結ぶ本線に入り、ソーダスプリングス、モンペリエからグランジャーを経由してユニオンパシフィック鉄道の大幹線に入線すると推定できる。

 最終目的地は、途中に関連施設があるので行き先は不明である。この種の特別列車の運行スケジュールは保安上の問題から公開されていない。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 9:53
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事