ここから本文です

日本とフランス「稼ぐ女性の服装」はかなり違う

6/21(金) 5:20配信

東洋経済オンライン

『フランス人は10着しか服を持たない』などのヒットで、日本では「フランス人=少ないワードローブでおしゃれができる人たち」のイメージがつきつつあります。しかし、例えばフランスの大企業に勤める幹部クラスの女性に目を転じると、実情はかなり違うよう。
今回は、フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが、日本とフランスの「仕事着」について語り合いました。

■天井までうずたかく積まれたブランド品の山

 エマニュエル:今回は、軽い話題ということで職場での服装のフランスと日本での違いについて話してみようか。それじゃあまず、今から話す場面がどこで行われているか、当ててもらいたいんだけど、いいかな? 

 4人の30代から60代の女性がいて、何人かは座っていて、何人かは立っている。彼女たちはにぎやかに話し合いをしている最中だ。1人目の女性は白く光沢のある靴に赤いヒールというブランド物の靴を履き、エレガントな青いロングワンピースを着ている。2人目はヒールはないが流行の質のいい靴を履いて、白いシャツにスキニージーンズをはいている。3人目は高級なオーダーメイドの服にピンヒールのパンプス。4人目は、胸のポケットにいかりのモチーフが刺繍してあるブルーマリンのジャケットにショートパンツ、靴は高級ブランドのスニーカーを履いている。

 この4人の女性はどこにいると思う?  ファッションショーの会場か、社交界のサロン?  あるいは、サンジェルマン・デ・プレにあるカフェ? 

 くみ:そうね、みんなそれぞれおしゃれに気を使って、お金もかけているようだから、安定した、お給料のいい職業に就いている女性という印象ね。

 エマニュエル:そのとおり、正解は、フランスの大企業の会議室。何が言いたいかというと、フランスの女性は職場での服装の気品への意識がすごく高いってことなんだ。とくに30代から60代の大企業で高いポストに就いている女性にその傾向が強い。

1/5ページ

最終更新:6/21(金) 5:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ