ここから本文です

日本代表、あるぞ決勝T! 三好康児が優勝候補ウルグアイ代表から2発で2-2ドロー【コパ・アメリカ】

6/21(金) 9:57配信

フットボールチャンネル

日本代表は現地時間20日、コパ・アメリカ2019・グループC組第2節でウルグアイ代表と対戦した。

【動画】カタールW杯へ提言したいスタメン案。4年後の日本代表イレブンをFチャン編集部が厳選

三好康児が代表初ゴール含む2得点

【日本 2-2 ウルグアイ コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第2節】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。

 初戦のチリ代表戦で0-4の大敗を喫した日本。今大会初勝利を目指して試合に臨んだ。レアル・マドリー移籍が発表された18歳の久保建英はベンチスタート。一方でウルグアイは、ルイス・スアレスやエディンソン・カバーニなどを先発起用している。

 試合開始して3分、三好康児がゴール前に折り返したボールに岡崎慎司が合わすもシュートはゴール右に外れた。それでも25分、柴崎のサイドチェンジから三好がドリブルでゴール前まで仕掛け、自らシュートを放って先制点を決める。

 しかし32分、ペナルティーエリア内で植田直通がファールを犯したとして、主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を確認した上でウルグアイにPKのチャンスを与える。このPKをスアレスが決めてウルグアイが同点に追いついた。

 36分にもカバーニに強烈なシュートを打たれたが、バーに当たって跳ね返り日本は失点を免れる。すると59分、ウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラが弾いたボールを三好が押し込み再び勝ち越しに成功。

 だが66分、コーナーキックからホセ・ヒメネスにヘディングシュートを決められ、またもウルグアイに追いつかれてしまう。結局、試合は2-2の引き分けに終わり、日本は勝ち点1を上積みした。

【得点者】
25分 1-0 三好(日本)
32分 1-1 スアレス(ウルグアイ)
59分 2-1 三好(日本)
66分 2-2 ヒメネス(ウルグアイ)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/21(金) 12:05
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事