ここから本文です

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母

6/22(土) 9:04配信

サライ.jp

取材・文/坂口鈴香


政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」の後継となる「大綱」案を5月に公表し、「70代の認知症の人の割合を10年間で1割減らす」と認知症予防の数値目標を提示した。ところが「認知症は発症の原因が解明されていないにもかかわらず、予防できるという誤解を生む」などの批判が起こり、結局この数値目標は予防推進の際の参考値とすることになったわけだが、依然として「本人の努力が足りないから認知症になったわけではない」という声は少なくない。

冷蔵庫にぎっしり詰まったキャベツ

中野美佐さん(仮名・42)が母親(71)の言動に違和感を持ちはじめたのは、10年以上前にさかのぼる。

「母が60歳前後のころだったと思います。実家の冷蔵庫にキャベツが5個も6個も入っていたんです。よく入ったなと思いますが、たぶん下にあったキャベツは腐ってドロドロになっていたんでしょうね」

冷蔵庫に同じ食品がたくさん入っている、というのは典型的な認知症の初期症状だ。しかし、当時中野さんの母親は若かったし、中野さんも父親(73)も認知症についての知識はまったくというほど持っていなかった。

中野さんは両親と兄の4人家族。専業主婦だった母親は、ドジで“ボケキャラ”。陽気な性格で友人も多かった。友人とサークル活動をしたり習い事をしたりと、外に出て趣味を楽しんでいた。中野さんが30歳になるのを機に一人暮らしをはじめたころ、兄も結婚して家を出た。

「もともと家事は嫌いな人で、いつも愚痴を言いながらやっていました。私と兄が家を出たところに、定年退職した父がいつも家にいるようになったのが相当ストレスだったようです」

追い打ちをかけるように、かわいがっていた飼い猫までが亡くなった。それが引き金になったのではないかと、中野さんは考えている。

“冷蔵庫事件”以外にも、「あれ?」という言動は増えていった。しかし、中野さんと父親は、母親がもともと“天然”な人だったため、どこから認知症なのか区別できなかったという。そのため、中野さん父娘が「やはりおかしい。認知症ではないか」と母親を物忘れ外来に連れていったのは、違和感を持ちはじめてから数年経ってからだった。

1/2ページ

最終更新:6/22(土) 9:04
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事