ここから本文です

【復刻・バイクで社会科見学】ニンジャZX-14R vs 航空自衛隊機!?[地対空 異種最速バトル]〈前編〉

6/22(土) 17:30配信

WEBヤングマシン

~ゼロヨン対決の夢を追った記録~

バイクと戦闘機を、ゼロヨンで対決させてみたい……! 一度そう思ったら最後、もう我々は止まらなかった。無理かどうかは、やってみなくちゃ分からない。やれるだけのことはやってみようじゃないか! 純粋な男子マインドに突き動かされ、交渉、交渉、また交渉。そしてついに、航空自衛隊入間基地の門が開いた!!

【すべての写真を見る】

【超対決】バイク vs ジェット飛行機:KAWASAKI Ninja ZX-14R vs Japan Air Self-Defence Force T-4

[ヤングマシン2013年10月号より復刻]
●文:高橋 剛 ●写真:長谷川 徹 ●取材協力:航空自衛隊 入間基地

“一番速いバイク”が亜音速の 住人に挑む!

「バイクと飛行機って、競争したら どっちが速いんだ?」

そもそもの発端は、ヨタ話の中か ら飛び出た、軽い一言だった。

いやもちろん、我々だってそれなりのオトナだ。バイクと飛行機の速さを比べたところで、意味なんかないことはよーく分かってる。今さら説明するまでもないけれど、片や陸を駆け、片や空を飛ぶ乗り物だ。両者に求められる性能や機能はまるで違うし、もちろん見てくれだってまったく違う。

でもこのふたつには、共通して我々を惹きつける何かがある。車体を傾けながら、地上を走り抜けるバイク。機体を傾けながら、空を駆け巡る飛行機。「バンクさせて旋回する」ということ以上に、このふたつの乗り物には、何か共通するマインドがある。

結局のところ、バイクも飛行機も、カッコいいのだ。老若男女、誰もが心の中に持っている「男の子」がウズウズするカッコよさ。動機がシンプルだからこそ、長く、我々を突き動かし続ける。

……突き動かされるままに、鼻息荒く航空自衛隊に直撃した。「戦闘機とゼロヨン対決させてくれませんか?」と。 バカげていると思うかもしれないが、バカかどうかは、やってみなけりゃ分からないのだ。

答えはズバリ、NOだった。そりゃそうだ。空気を猛烈な勢いで噴射させるジェット機と一緒に走ることなど、危険極まりない。しかも戦闘機の性能を暴くなんて……。「じゃあせめて、バイクと一緒に写真を撮らせてほしい」と食い下がった。

何と! それはOKだという。しかしコクピットの撮影もリクエストすると、戦闘機は機密上NG、ただし練習機のT-4ならOKとのことだった。

1/4ページ

最終更新:6/22(土) 19:00
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事