ここから本文です

50歳でもこの美髪! たるみ予防にも一役買う、水谷雅子さんのお風呂ケアを大公開

6/22(土) 21:41配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」7月号では、「どう見ても30代」な奇跡の50歳、水谷雅子さんの美容法にクローズアップ。朝晩の入浴がルーティン、というお風呂でのビューティケアを教えていただきました。

【写真】美髪が映える!最旬ヘアアレンジ集

美しき50歳
美魔女ぶり健在。皆の視線が釘付け!
「水谷雅子」美容
「実際もそんなに綺麗なの!?」なんて半信半疑で会ってみると、噂通り、いや噂以上の美貌の持ち主。素敵な大人美女を目指すべく、今からするべき美容ステップを伝授してもらいました。

たるみとは無縁!
《フェイスラインをたるませないお風呂の日課》
朝晩、40度に設定した湯船に10分間浸かるのがルーティン。美肌作りや冷えない体作りにもなり、さらに体を温めながら、スカルプブラシやかっさを使ったたるみケアをすると効果が絶大。

◆シャンプー時は「スカルプブラシ」
50代に入り一番、老化を感じているのが髪。カラーも抜けやすくなり、うねりやパサつきも。こまめなトリートメントも必要ですが、何よりも頭皮を柔らかくするのが大切。

スクエアと円錐を組み合わせた形状は、あらゆるツボを刺激。自身でプロデュース!『水谷式 頭皮エステ』の付録スカルプブラシ/本人私物

1.トリートメントをした後のタイミングで。前髪の生え際から頭頂部に向かって。

2.耳たぶの後ろを起点にぐるぐると円を描きながら、頭頂部までマッサージ。

3.うなじから頭頂部まで円を描きながらマッサージ。頭頂部は地肌を内側に寄せる。

4.左手を左耳上、右手を右耳下から頭頂部に向かって対角線上に動かす。逆も同様に。

5.耳上の後ろからうなじを通り、頭頂部までマッサージ。頭頂部は3のように寄せる。

6.ブラシの反対側を使い、うなじから頭頂部までスライドさせて、うなじへ戻ってくる。

最終更新:6/22(土) 21:41
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事